海外向け企業SNSアカウント運用

海外市場に向けた日本企業の公式SNSビジネスアカウントの多言語運用を代行させて頂くことで、海外のファン・見込み客・エンゲージメントを増強することができる「海外向けグローバルSNSアカウント運用」はFacebook・Instagram・WeChat・LinkedIn など、海外SNSマーケティングに精通したインフォキュービック・ジャパンにお任さください。
お客様の「SNS多言語運用リソース不足」「海外SNS知見不足」「外国語社内スタッフの不足」を解決し、お客様の世界に向けてブランドストーリーをお届けすることで中長期的なお客様の海外ブランディングに貢献いたします。

海外SNS運用ターゲティング

海外のターゲット地域のSNS事情に応じた最適なグローバルSNSチャネルを選定

海外SNS企画

海外ユーザーの興味関心に合わせた多言語SNSコンテンツ企画・制作・運用

海外SNS運用ツール

デジタルツールを活用した海外向けSNS施策の影響・効果を測定

海外のファンを増やしたいけど、多言語リソース不足・炎上対策が不安…

海外向けグローバルSNSアカウントの運用において重要なポイントは「国別SNSユーザーの傾向分析」「グローバルSNS媒体の特徴・強み把握」「定期的な多言語コンテンツ投稿」です。そうした十分な対策を怠ると、海外ユーザーによる「炎上」もしくは「SNSコンテンツをみてもらえない」リスクが生じ、短期的なグローバルSNS運用になってしまうことが考えられます。
インフォキュービック・ジャパンでは、海外向けグローバルSNS事情に精通したSNSコンサルタントによるグローバルSNS媒体の選定から多言語コンテンツ投稿効果の分析までワンストップでご支援いたします。

「ターゲット国」に特化した戦略プラン

「海外ターゲット地域・国・ペルソナ」に応じて、最適なグローバルマーケティング戦略・プランはそれぞれに異なります。
インフォキュービック・ジャパンは、お客様のグローバル戦略に沿ったソリューションをご提案・実行いたします。

スケジュール

海外向けグローバル公式SNSアカウントは、お申し込みから約一か月以内に開始可能です。専任の多国籍SNSコンサルタントが「週次の多言語コンテンツ投稿」や「多言語コメント対応」「炎上対策」を実施。お客様との二人三脚でPDCAを繰り返しながら、海外向けグローバルSNSアカウント運用のノウハウを共有いたします。

  • 1海外SNS媒体の選定・SNS運用ガイドラインのご提案・NGリストに関するヒアリング
  • 2多言語SNSコンテンツのトーン&マナー・多言語コンテンツテーマを策定
  • 3海外SNSユーザーの興味関心に合った、画像・動画を含むグローバルクリエイティブ作成&ご提案
  • 4お客様の承認後、多言語コンテンツ投稿開始
  • 5定例ミーティング、グローバルSNSアカウント運用レポートの定期的な報告

体制

多言語SNSビジネスアカウント運用ではグローバルSNSアカウント運用者の人選が重要になります。インフォキュービック・ジャパンの多言語SNSコンサルタントがお客様の海外向けSNSアカウントの運用目的・ニーズに合わせた最適な多国籍インハウス人材を選定し、ストレスのないスムーズなグローバルSNSアカウント運用を実行いたします。

インフォキュービック・ジャパンの海外SNS運用体制

FAQ よくあるご質問

インフォキュービック・ジャパンの「多言語SNSアカウント運用」サービスをご検討いただくにあたって、お客様からよく頂戴するご質問と回答をまとめました。より詳細なご質問につきましては、お気軽にお問い合わせページからお知らせください。

A. はい、海外市場向けブランディング・PRを進める場合は、海外マーケット向けに開設すべきと考えます。
FacebookInstagramLinkedInWeChatをはじめグローバルデジタルマーケティングにおけるSNS機能の充実、また、海外ユーザーのSNS利用時間の増加という背景を踏まえて、日本企業が海外のステークホルダー・ターゲットユーザーに向けてメッセージを配信し、企業の認知度を高めるためにSNSチャネルは欠かせない存在となってきています。

対象国・ターゲットユーザー属性に基づいて適切なSNSチャネルを選定のうえ、アカウントを開設したうえで「多言語SNSコンテンツ制作・運用」また「SNS広告」といった他施策を組み合わせることで、ウェブサイトや動画など他デジタルチャネルと共にマルチチャネルでのグローバルマーケティング・ブランディングが可能になります。

A. お客様のビジネスゴールにより最適なSNSチャネルは異なります。また、お客様のビジネスモデル(B2B⇔B2C)、対象国によっても異なります。
例えば、製造業のお客様の海外向けSNS施策では、ビジネス特化型SNS「LinkedIn」を用いた施策を推奨します。また、小売・サービス・旅行などB2Cビジネスのお客様に向けては「FacebookInstagram、Twitter」といったチャネルをおすすめします。また、ビジネス対象国が中国の場合は「WeChat」を用いたSNS広告・SNSコンテンツ運用が不可欠です。
お客様のビジネスゴールをヒアリングしたうえで、最適なチャネル、具体的なソリューションを提案いたします。

A. はい、対応可能です。
インフォキュービック・ジャパンでは「対応不可能な言語」を設けておりません。
英語・中国語・韓国語・タイ語といった日本企業にとって必要頻度が高い言語に加えて、お客様のターゲット地域・国に応じて、ポルトガル語・ドイツ語・インドネシア語・ロシア語・アラビア語など多様な言語を用いたグローバルマーケティングをご支援いたします。
もちろん、FacebookInstagramLinkedInWeChatなど海外SNS向けの多言語コンテンツ制作、さらには、現在のトレンドに応じた「動画・画像」を用いたリッチな多言語SNSコンテンツソリューションをご用意しております。

A. 上流から下流まで、グローバルSNSマネジメントを一気通貫でご支援可能です。
具体的には、お客様のビジネスゴール・海外ターゲット像を詳しくヒアリングしたうえで、施策対象として最適なSNSチャネルを選定。自社ブランディング向けに「SNSアカウント開設」を代行したうえで、英語・中国語・韓国語・タイ語など、お客様が狙う対象国向けの「多言語SNSコンテンツ制作・多言語SNSアカウント運用」もご支援いたします。さらに、対象SNSチャネルを通じた「グローバルSNS広告配信」を実施すること、広告配信結果に基づく「定量的なユーザー分析」さらには「効果が出るSNSコンテンツ傾向分析」など、グローバルSNSに関する分析・解析業務も対応します。

A. はい、異なります。
ソーシャルメディアとは「個人が情報を送受信できるメディア」という広範な意味である一方で、SNSはFacebookの起源からも明らかなように「ユーザー登録しているコミュニティサイト(ソーシャルネットワーク型ウェブサイト)、もしくはソーシャルメディアの1つ」といえます。 そのため、SNSとソーシャルメディアは異なり、SNSはソーシャルメディアの一種ということができます。

A. グローバルSNSアカウント運用の最低出稿金額は設けておりません。
お客様とのヒアリング・ディスカッションに基づいて「KPI設定、海外市場のペルソナ策定、SNSチャネル選定、SNSコンテンツプランニング、運用スキーム設計、コンテンツカレンダー作成」等の上流設計を実施したうえで、最適なSNSアカウント運用プランをご案内いたします。そのうえで、定期的に多言語SNSコンテンツを運用しながら、KPI達成状況・効果分析を行いながらPDCAを回していくサービスをご提供いたします。

インフォキュービック・ジャパンの海外SNS運用

海外ユーザーと中長期的なエンゲージメントを築くための「海外向けグローバルSNSアカウント運用」

海外のSNSユーザーが求める情報を盛り込んだ多言語SNSコンテンツの投稿・コメント対応、炎上対策、さらには効果分析を行い、お客様のブランドストーリーを効率よく海外へ発信することで、中長期的な海外ファン獲得に貢献いたします。