不動産業向けソリューション

不動産業向け海外デジタルマーケティングは、
実績豊富なインフォキュービック・ジャパンにお任せください。

「国内不動産ビジネスの悪化」という市場リスクを回避するため、不動産業に特化した海外デジタルマーケティング施策をご用意。見込み客向けに設計されたウェブサイトの構築から市場調査・データ解析、デジタル広告出稿まで、お客様のご要望に沿って幅広くご支援いたします。

500社を超える海外実績で、不動産業の海外進出を成功に導きます

不動産業に特化した海外デジタルマーケティングは、成功も失敗も重ねてきた豊富な実績に裏打ちされた経験があってこそ成果を生み出します。インフォキュービック・ジャパンは、海外デジタルマーケティングのパイオニアとして500社を超える海外実績を持ち、また不動産業向けウェブサイト制作の実績も豊富です。

現地の情報を魅力的なコンテンツで伝えよう

不動産業の国内・海外向けデジタルマーケティングを成功させるには、「ターゲットが必要とする情報をどれだけ正しく・詳細に、かつタイムリーに提供することができるか」がカギ。取材~制作~集客~解析のPDCAをスムーズに回しながら、継続的に魅力的なコンテンツ作りを実現することができるのも弊社インフォキュービック・ジャパンの強みの1つです。

生き残りをかけ、不動産業界も海外へシフトを!

世界に類を見ないスピードで高齢化が進む日本において、国内の不動産需要が減っていくことは容易に予測できる事態。野村総合研究所も、新設住宅着工戸数(持家、分譲、貸家を含む)は「2020年度には74万戸、2025年度には66万戸、2030年度には55万戸と減少していく」と予測しています。こうした中、近年では住宅メーカーの海外進出も急速に進んでいることから、やがて国内不動産市場の縮小が顕著になってくると考えられています。こうした動きに国内外の不動産投資家も注目しているため、今後は不動産業界も住宅市場にならって、海外へとシフトしていかなければ生き抜いていけなくなるはずです。

市場リスクを回避するため、早急に外国人顧客を取り込む施策を

さらに、すでに日本政府も「我が国の持続的な成長のためには、アジアをはじめとする諸外国の成長を取り込んでいくことが不可欠」として、外国人に日本国内の不動産を販売し、外貨を獲得する(不動産市場の国際化を図る)ための取り組みを始めています。こうした国ぐるみの不動産業界に纏わる流れは今後しばらく続くとみられ、大きなビジネスチャンスを後押しすると考えられます。
もし貴社がまだ純然たる国内市場(日本人に日本国内の不動産を販売する)でとどまっているなら、近い将来の市場リスクを回避するため、また同時に、一刻も早く外国人見込み顧客をつかむための施策を講じることをおすすめします。その最善の方法は何か。ぜひ弊社インフォキュービック・ジャパンも一緒に考えさせてください。

不動産業向けデジタルソリューションなら、
実績豊富なインフォキュービック・ジャパンがワンストップですべてご提供!

不動産業界の海外デジタルマーケティングに関する実績多数。
海外デジタルマーケティングを成功させるために、お客様の大切なメッセージを世界に届けます。
ぜひともインフォキュービック・ジャパンにお任せください。