小売業向けソリューション

「D2C・越境EC」など日本企業が海外の巨大マーケットに対して、
商品・サービスのグローバルマーケティングを総合的にご支援いたします。

世界市場に向けて小売業を展開・拡大させるためには、「実効性のある海外市場調査」「購買ペルソナ・カスタマージャーニー」を設計したうえで、最適な「越境ECサイト制作・構築」「ブランディング戦略」「最適な海外デジタルメディア選定」「デジタル集客・SNS施策」の実行が重要です。
インフォキュービック・ジャパンでは、お客様のブランドに併せたAtoZのグローバルD2Cソリューションをご提供いたします。

1250社を超えるグローバルビジネス支援実績で、小売り業の海外進出を成功に導きます

創業以来、海外デジタルマーケティングに特化したサービスをご提供し続けてきたインフォキュービック・ジャパンがこれまでに手掛けた黒バルビジネス支援実績は、1250社以上。その中で培われた独自のノウハウと最新の技術を駆使して、小売業の企業様が海外進出する際に直面するすべての課題を解決いたします。

最適な現地メディアを選んで知名度を上げ、
海外事業を次の事業の柱に

海外事業を主要な国内事業に次ぐ柱にしていくためには、海外マーケットにおける社名や商品の知名度を高め、海外の見込み客を育てていくことが大切。そのためにはしっかりと作り込んだ海外向けウェブサイトを用意して、海外の需要を探ることはもちろん、現地のニーズに合ったメディアへの露出や広告出稿も欠かせません。
インフォキュービック・ジャパンでは、貴社のブランドや商品の特徴などを十分に理解した上で、現地ユーザーに最も高い影響を及ぼすメディアを的確に選び出し、その種類(ニュースリリースサイト、SNS、現地のタウン誌等)を問わず記事掲載・広告出稿を行うことが可能です。

WeChatへの出稿やインフルエンサー施策など、
最適な方法で海外ユーザーに情報を届けます

海外向けのさまざまなウェブ広告の出稿・運用を得意とするインフォキュービック・ジャパンでは、中国やタイといった特定の国(または地域)に向けたウェブ広告をはじめ、SNS(FacebookやInstagram等)への広告出稿などにも定評があります。
また中国で約10億人が利用している人気NO.1のチャットアプリ「WeChat」のクーポン配信や、インフルエンサーの拡散力を活用したマーケティングプランなどにも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

小売業の企業様が海外進出するなら、まずはアジア市場へ

新興国30カ国の小売市場の魅力度や飽和度などを評価しランク付けした「新興国小売市場の参入魅力度ランキング」(A.Tカーニー調べ)によると、2017年の首位は中産階級の成長が著しいインドでした。長年の首位から2位に転落した中国も、依然としてEC市場はかなりの規模。3位マレーシア、6位ベトナム、8位インドネシアと、アジアからは5カ国がトップ10入りしています。また電通の「ジャパンブランド調査2017」によると、そのうち中国を除く4カ国すべてが“親日国”としてランクインしています。小売業の企業様にとって、まだまだアジアは魅力的なマーケットなのです。

       

小売り業向けデジタルソリューションなら、
実績豊富なインフォキュービック・ジャパンがワンストップですべてご提供!

小売り業界の海外デジタルマーケティングに関する実績多数。
海外デジタルマーケティングを成功させるために、お客様の大切なメッセージを世界に届けます。
ぜひともインフォキュービック・ジャパンにお任せください。