海外ビジネスを加速する

英語ウェブサイト制作

確かな成果を生み出すために、
御社のビジネスに合わせて個別企画・設計

確かな成果を生み出すために、
御社のビジネスに合わせて個別企画・設計

お問い合わせ

徹底的なテーラーメードによる

「ページデザイン設計」

ノンコーディングの流れに逆行して、インフォキュービック・ジャパンは、あえてテーラーメードの英語ウェブサイト制作を徹底しています。お客様のビジネスモデルによって異なる、ターゲット地域・ユーザー・理想のUI・UXなど、お客様により異なる事情を丹念にヒアリングしたうえでウェブサイトをイチから設計します。

海外視点のワイヤーフレーム

海外視点の
ワイヤーフレーム

最新デザイントレンド

最新
デザイントレンド

海外ユーザーの嗜好性

海外ユーザーの
嗜好性

インハウスネイティブ体制で実現する

「海外視点」

世界各地10カ国から集まったグローバルスタッフが、英語ウェブサイトを海外ユーザー視点で制作・監修します。「宗教的なリスク、間違った翻訳」といったネガティブ要素の確認や「現地の人々が好む色、日本と異なる行動様式」を踏まえたページ構成・コピーライティングなど、日本にいながらにして海外ユーザーの心に届く英語サイトを実現します。

英語コピーライティング

英文コピー
ライティング

ネイティブチェック

インハウス
ネイティブチェック

翻訳、英語コピーライティング

翻訳、英語
コピーライティング

目標ビジネス成果を達成するための

「高速PDCA(LPO)」

英語サイトの完成、公開は通過点です。海外ユーザーの実際の動きを確認するために「アクセス解析、ヒートマップ分析」を実施します。そこで得られる改善点や問題点を速やかにウェブサイトに反映させることで施策効果を高めます。さらには、集客効果を高める「リスティング広告」「SNSマーケティング」を実施することで、費用対効果の最大化を中長期的にめざしていきます。

アクセス解析

アクセス解析

ヒートマップ分析

ヒートマップ分析

多言語リスティング広告

多言語
リスティング広告

海外向け英語サイト、
こうしたお悩みはありませんか?

WE SOLVE YOUR PROBLEMS

「うちの英語サイトは機械翻訳だけど...」

もしかして、日本語サイトをそのまま機械翻訳していませんか?
もしくは、サイトデザインが一昔のママで経年劣化していませんか?
そうした企業様は、世界の見込み客のファン化をみすみす逃す機会損失をしている可能性があります。

「海外から問い合わせが全然こない」

英語サイトはあるけど、海外から問い合わせが来ない。
多言語のECはあるけどコンバージョンしない。
もしかしたら、現在の英語サイトの設計上で「海外ユーザーにとって不親切な動線設計、間違った翻訳」など、問題があるかもしれません。

「英語サイトを新規制作したい」

まずはじめに、「英語サイト制作の目的」を詳しくヒアリングさせていただきます。そのうえで、「お客様のビジネスにおける強み」と「海外ユーザーの興味」が交わる接点を明らかにしたうえで、サイトの骨組み設計を実施します。また、制作が始まるタイミングで「写真、動画」といった素材がなくても大丈夫。ご要望に応じて、写真撮影・動画制作・コピーライティングといった必要工程を組み合わせて、無駄遣いのない英語ウェブサイト制作をご支援します。

英語サイトを新規制作したい
古いサイトをリニューアルしたい

「古いサイトをリニューアルしたい」

トレンドの移り変わり・テクノロジーの進展に応じてウェブサイトは経年劣化します。古くなったウェブサイトは、ユーザにとっての使い心地も悪くなり、ひいては検索エンジンのアルゴリズムによるSEOの悪化も考えられます。リニューアルが大規模になる際は、既存サイトのうち再利用できる箇所を明らかにしつつ、ビジネス成果に直結する無駄のないリニューアルプランをご提案します。

「いまある日本語サイトをもとに、
英語化したい」

英語化と一口にいっても方法は多数あります。日本語サイトに自動翻訳ツールを導入することで英語化することもできます。ですが、末永く英語サイトを利活用するために、私たちは「海外ユーザーに向けて再設計された英語サイトの新規制作」をおすすめしています。毎日、膨大な数のウェブサイトが生まれているからこそ、その中で埋もれることのない「御社だけの英語サイト」の実現をサポートします。

今ある日本語サイトをもとに、英語化したい

ご支援対象のウェブサイト例

WE COVER VARIOUS WEBSITES

英語コーポレートサイト制作アイコン

コーポレートサイト

英語ブランドサイト制作アイコン

ブランドサイト

英語ランディングページ制作アイコン

ランディングページ

越境ECサイト制作アイコン

越境ECサイト

英語オウンドメディア制作アイコン

オウンドメディア

英語サイトの要件定義制作アイコン

要件定義

お客様の声

PROJECTS

株式会社 高島屋様 英語ウェブサイト制作事例

株式会社高島屋様

約3カ月でサイト公開という、短納期の依頼をさせていただいたにもかかわらず、インフォキュービック・ジャパンさんはよく対応してくださったと感謝しています。

シチズン時計株式会社 英語LP制作 事例

シチズン時計株式会社様

「新しいサイトは営業活動につなげやすい」という声も既に出てきています。 “頼れる営業ツール”がひとつ増えて営業スタッフたちはとても喜んでいます。

株式会社伊藤園様 英語コーポレートサイト制作 事例

株式会社伊藤園様

グローバルコーポレートサイトは会社の顔。リニューアルから1ヵ月程ですが、月間アクセス数は2倍に。手応えが嬉しいですね。

旭化成 海外マーケティング 事例

ポリプラスチックス株式会社様

技術者たちの思いを盛り込んだ多言語ウェブサイト制作と、海外デジタル広告、どちらもシームレスに頼める数少ない会社です。

制作プロセス・スケジュールの例

Schedule

  • 1

    お問い合わせ

    お電話もしくはウェブでお問い合わせいただきましたら、弊社の営業担当が3営業日以内にご連絡させていただきます。少々お待ちください。

  • 2

    ヒアリング・企画提案(1~2週間)

    お客様のビジネスにフィットした英語ウェブサイトをご提案するために、多面的なヒアリングを実施します。「ターゲット国」「ペルソナ」「サイト制作を通じたビジネスの目標」などお伺いしたのち、御社に最適な英語ウェブサイト案をご提案します。

  • 3

    サイト制作 (1~3ヶ月)

    ご提案に対するお客様のご意見を踏まえて、英語サイト制作を開始します。「ワイヤーフレーム作成」「デザイン作成」「英語翻訳」「コーディング」「システム構築」と、一つ一つのプロセスを丹念にお客様にご確認頂きながら実施しますのでご安心ください。

  • 4

    サイト公開、効果分析・改善

    完成した英語ウェブサイトを公開したのち、効果測定を開始します。我々はウェブサイトを制作するものではなく、「育成するもの」と考えます。「お問い合わせや購入などのCVは取れているか」「短いページ滞在時間になっていないか」など、公開後の英語ウェブサイトのパフォーマンスを数値的に分析して報告・改善提案します。

  • 5

    ウェブサイト改善、集客施策連携

    サイト解析で判明する改善点を反映するとともに、リスティング広告やSNS広告といった集客施策を合わせて実施することで集客効率を高めます。その際も、お客様のビジネス内容・対象国に合った媒体・施策をご案内差し上げます。

FAQ よくあるご質問

インフォキュービック・ジャパンの「英語サイト制作」サービスをご検討いただくにあたって、お客様からよく頂戴するご質問と回答をまとめました。

A.費用に関しては、ヒアリングのうえで「的確な概算費用・制作スケジュール」をご案内します。
「実装システム(HTML/CMS/MA)種類」「多言語コンテンツ制作要否、撮影有無、運用ガイドライン要否」など要件によって変動します。

次に制作期間ですが、5P~10P程の英語ブランドサイトの場合、約2~3ヶ月を想定ください。「要件定義、ウェブサイト設計、UI・UXデザイン、翻訳、ネイティブチェック、システム開発、運用テスト」等を工程に含んでいます。

A. 「現行ウェブサイトの見直し(改善点・良い点)、再設計(ウェブサイト仕様・コンテンツ)、再構築/制作」がプロセスになります。
大事なポイントとして、現行の英語サイトを撤廃して「ゼロ」からリニューアルするのではなく、現在の英語サイトの「良い点・悪い点」をディスカッションを通じて明らかにしたうえで、お客様が英語サイトを通じて実現したいゴールに貢献する英語サイトを再設計して制作することを大切にしています。

A. はい、可能です。
お客様のご要望に応じて「設計から制作にいたる全行程」「切り出したスポットご対応」いずれも可能でございます。
英語コンテンツ制作の工程としては「ペルソナ分析、コンテンツプランニング、コンテンツ制作(日本語で始めるパターン、そのまま英語から始めるパターン)、海外目線の翻訳(ネイティブチェック含)、英語サイト実装、効果分析」を含めております。
お客様のビジネスゴールをお伺いしたうえで、必要十分な施策をカスタマイズして提案します。

A. 上流から下流まで対応させて頂きます。
具体的には、英語サイトで表現すべき「お客様の海外へのメッセージ(強み、ビジョン、他社との違い)」をお客様との議論やワークショップを通じて策定。
そのうえで、「メッセージを伝えるべきペルソナイメージの策定、クリエィティブプラン設計、UI / UXデザイン、コンテンツプランニング」といったコミュニケーション方針を設計したうえで、海外目線の英語サイトを構築いたします。
構築の際も、お客様のゴールに応じて「HTML、CMS(WordPress, Movable Type等)」最適なシステムを提案。
掲載するコンテンツについても「ベースとなる日本語テキスト作成、翻訳(トランスクリエイション)」を通じて最適な形に英語化します。

A. はい、様々な切り口からご提案いたします。
「海外からのCV/問い合わせを、もっと増やしたい」という場合には、「海外向けリスティング広告」や「Facebook・LinkedInをはじめとするSNS広告」といったデジタル集客施策をご提案。
「まずは、英語サイトへの海外ユーザー流入状況を可視化して潜在マーケットを把握したい」という場合には、カスタマージャーニー設計・ユーザーシナリオ策定・アクセス分析といった調査分析を。
さらには「英語サイトに合わせたデジタルマーケティングアセットを増やして、販促を強化したい」という場合には、ウェブ上のトンマナをケアした「海外向けデジタル広告、英語コンテンツマーケティング」など英語コンテンツ強化施策をご提案します。

共通して私たちが大事にしているのが、お客様のゴールをヒアリングしたうえで最適な英語施策を提案させて頂く、ということです。

A. はい、ブランディング他施策もご用意しております。
例えば、海外市場における競合他社のデジタル施策・ブランディング戦略を把握するための「海外競合調査」。
また、社内の異なる意見を可視化しまとめ上げて統一的なグローバルメッセージを策定するための「社内アンケート実施、ブランドワークショップ」。
自社の強みを英語での訴求軸を定める「UXデザイン、英語コピー開発」。お客様のゴール・ご要望に合わせて最適な施策を組み合わせてご提案いたします。

A. 一般論として、ウェブサイト公開後3~6ヶ月から効果が出始めると想定下さい。
ここでいう「公開後の効果」を「PV数の増加」「CV発生」と考えた場合、まずGoogleをはじめ主要検索エンジンに制作した英語サイトがSEOによりインデックスされるまで一定期間を見込む必要があります。
さらに重要な点が、公開後のユーザー行動分析によるサイト最適化(Landing Page Optimization:LPO)です。

インフォキュービック・ジャパンでは、Google Analytics・Search Consoleをはじめとする海外ユーザーの定量データ分析ツールと共に、各種ヒートマップ・ウェブサイト健全性分析ツールといった定性データ分析ツールを用いてお客様に公開後の状況を報告します。
「海外ユーザーの行動」、また「ウェブサイトで表現すべきブランディング要素」といった複合的な観点からウェブサイトを調整・最適化することで、英語サイトの効果を高めて参ります。

A. はい、可能です。提案ご要望をお聞かせください。

A. はい、対応可能です。
お客様の既存英語ウェブサイトに対する「コンテンツ追加、掲載コンテンツ作成、システムアップデート」など対応させて頂いております。