「インバウンド・在留外国人向け」グローバルマーケティング支援サービス

Afterコロナ時代、必ず復活するインバウンド業界。地方自治体・旅行・宿泊・鉄道など、海外からの観光客や移住者に向けて「日本の魅力」を伝えるインバウンド業界企業の多言語マーケティングを支援。「施設への送客デジタル広告」「ブランドを伝えるグローバルSNS運用」など、お客様のニーズに合わせて最適なソリューションを提案します。

インバウンド業界のグローバルマーケティング成功に不可欠な、2つの戦術

「守り」の施策(オウンドメディア構築)

「攻め」の施策(申し込み獲得)

「インバウンドが復活したときに、訪日観光客ニーズを刈り取るために...」
2020年3月に訪日外国人数が前年比9割減になり、31年ぶりに20万人を下回りました。また、2021年開催予定の東京オリンピックにおいても海外からの観戦者の受け入れを禁止する方針を政府が固めました。2019年までうなぎのぼりだったインバウンド市場の消失は、旅行・航空・宿泊・飲食など様々な業界に影響を与えています。
しかし、明けない夜はありません。ワクチン接種などを通じて「コロナと共生する時代」を迎えたとき、世界の旅行は再開しインバウンド市場は必ず復活する。
そうした黄金の未来に備えて、今から<守り><攻め>の多言語デジタルマーケティングの礎を築くこと。ぜひ私たちにご一緒させて下さい。

コンテンツの要、「多言語サイト」「グローバルSNSアカウント」は用意できてますか?

旅行・宿泊・交通・宿泊・航空など訪日観光客を狙う企業様の多言語マーケティング、最初のスタートは「自社の魅力を伝える多言語コンテンツ・ハブ(箱)」を創ることです。各種デジタル広告・メールマーケティング・マーケティングオートメーション・SNSなど、あらゆるタッチポイントから流入するユーザーがたどり着く母艦ともいえる多言語コンテンツサイトを構築しましょう。
また、ウェブサイトに多言語コンテンツを実装した後に、グローバルSNS公式アカウントを開設・コンテンツ連携することで、「日本を愛する世界のユーザー」に向けたデジタルプロモーションの準備が整います。

リニューアル後の多言語ウェブサイトについては、情報がまとめられて使いやすくなったのはもちろん、デザインについても社内から「かっこよくなった」という声が聞こえてきているので、とても良かったです。

株式会社髙島屋様

インフォキュービック・ジャパンさんは「打てば響く」というか、こちらが言ったことを次回、きちんと直して改善案を持ってきてくれるので助かりました。
その点はとても高評価でしたね。おかげでリニューアル後の多言語ウェブサイトについては、情報がまとめられて使いやすくなったのはもちろん、デザインについても社内から「かっこよくなった」という声が聞こえてきているので、とても良かったです。

完成した動画は、「素晴らしい」の一言に尽きます。これまで何度も納品いただく機会はありましたが、純粋に「もう1度見たい!」と感じ、2度続けて動画を再生したのは初めてでした。

株式会社JTB様

海外の方に日本の“教育旅行”の魅力を知ってもらおうとすると、そこには日本的な判断基準はあまり必要がなく、その国その国の人たちの目線や感性がとても重要になってきます。
パートナー候補を4社まで絞った後、その中からインフォキュービック・ジャパンさんを選んだ決め手は、「多国籍のプロフェッショナルが揃っており、海外目線の動画を作ってもらえるに違いない」と期待したからです。

日本に興味がある海外ユーザーの心を「海外リスティング広告」「SNS広告」で掴め

多言語サイト・SNSアカウントをセットアップし、自社の魅力を伝える多言語コンテンツが整ったらグローバル市場に向けて発信します。
インバウンド関連業界や在留外国人ユーザーを狙う企業様のメッセージ発信方法としてオススメは「多言語リスティング広告」「Facebook広告」です。インバウンドユーザーのニーズと自社の魅力が交差する接点ともいえる検索KWを軸とした「海外リスティング広告」は少額から運用可能でROIを重視した無駄のない運営が可能です。
また、観光客に対してはSNSを用いたマーケティングの相性がバッチリです。お客様のご要望・状況に合わせてリスティング広告・SNS施策を組み合わせることが重要です。

瀬戸内国際芸術祭を深く理解した上で多言語デジタル広告を運用していただいたことが、過去最大の誘客につながりました。

公益社団法人 香川県観光協会 様
一般社団法人 せとうち観光推進機構(せとうちDMO)様

今回のプロジェクトの具体的な成果としては、これまで「瀬戸内国際芸術祭」への参加比率が低かった欧米豪からの旅行者のオフィシャルツアーへの予約件数が、プロジェクトで運用したデジタル広告経由で100件(キャンセル待ち含む)となり、これは欧米豪の予約者の約80%でした。また日本行きの航空券の予約件数も約8,200人に上りました。

どの会社も「無理ですね」という回答でした。でも、そんな中で、インフォキュービックさんだけが「なんとかやってみましょう!」と言ってくれたんです。

株式会社 スーパーホテル様

新しいホームぺージは、かなり情報は充実していると思うんです。
集客する間口はかなり広がったと思っています。SEOの実施で海外からのアクセス数がものすごく伸びていて、サーバーが耐えきれなくなりそうだったので、つい最近増設しました。まだ今はスーパーホテルを認知してもらう段階なので、これからに期待しています。