CASE STUDIES

お客様事例
多言語デジタル広告最適化施策

大東建託株式会社 様

事例概要

経緯

外国人向け賃貸物件の多言語プロモーションの展開を考えていた「大東建託株式会社」様よりお問い合わせをいただき、今回の発注に至った。インフォキュービック・ジャパンをパートナーに選んでいただいた最大の決め手は、弊社が1社で6言語(英語、中国語簡体字、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語)に対応し、かつ複数のデジタルソリューションをワンストップで支援可能なことだった。

対策

はじめに丁寧なヒアリングを行い、「大東建託」様が抱える課題に向き合うだけでなく賃貸業界全体の傾向なども分析することで、より高い効果を導き出すための多言語デジタル広告運用、それぞれの運用方針を決めていった。また担当窓口を集約することで煩雑になりがちな手間を省き、すべてのソリューションがスピーディーに運用できるよう配慮した。

成果

お問い合わせ数は日々右肩上がりで、大変ご満足いただいている。またマッチしそうな施策が見つかれば積極的にご提案し、チャレンジし続けることでさらなる効果を実現している。

お客様の声

管理戸数全国No.1、入居率97%以上が信頼の証しです。

私たち「大東建託グループ」は1974年の創業以来、土地オーナー様から賃貸建物の建築と管理を請け負い、また入居を希望される方々に最適な住まいやサービスを提供することを中核とした事業を展開しております。この「建物を建て、お客様を募集し、管理するまでを一貫して行う」ことが「大東建託」の最大の強みであり、その管理戸数は全国No.1を誇ります。そしてこの100万戸を超える管理物件への入居率97%以上という実績こそが、お客様に選ばれ・信頼されている証しであると捉え、今後もお客様からの期待を裏切らないよう入居後のサービスの質の向上に注力していく所存です。
また近年、人口減少によって国内マーケットがシュリンクしていく中で、質の高いサービスを維持しながらさらなる事業拡大を図るため、通常の賃貸事業だけでなく“人生にかかわるサポート事業”の展開もスタートしております。
なお私たちが所属する「事業開発課」は、会社への問い合わせ対応のほか、紙媒体、インターネット、テレビといった各メディアにおける広告を含む集客活動を一手に担っている部署です。その最大のミッションは「入居者様に最上の満足を提供する」というポリシーのもとに弊社が用意したさまざまなサービスを、国内外を問わず広く周知していくこと。特に近年ではインターネットで手軽にアンケートやお客様とのコミュニケーションを取ることができますので、お客様のご意見をしっかりと吸い上げながら、弊社が提供できる価値をきちんとお伝えしていきたいと考えております。

提案力の高さは、さすが海外マーケティングの専門家。6言語のデジタル広告運用に1社で対応できる会社は他にないのではないでしょうか。

今回、外国人向け賃貸物件の多言語プロモーションを海外向けに展開することになった背景には、やはり日本国内における市場の縮小があります。しかしそれまで弊社では海外向けのマーケティングには手つかずだったため、正直「やってみなければ分からない」というところがありました。そこでまずは海外向けデジタルマーケティングの実績が豊富で多言語に対応できるパートナーを探していたところ、取引企業からのご紹介でインフォキュービック・ジャパンさんを知ったのです。
その後、営業担当の方と実際にお会いして詳しいお話を聞いてみると、具体的な数字を提示して合理的なご提案をしていただけたので、「さすがに海外向け多言語マーケティングを専門にしているだけあるな」と納得しました。

当初はいくつかのデジタルマーケティング会社と比較検討していたのですが、私たちが「こんなことをやりたい」と課題や目的をお伝えすると、「なぜこの提案内容なのか」ということの根拠を実例や数字などを明確にして複数ご提案していただけたので、他社さんよりも社内で検討しやすかったですね。「取り引き先に紹介されたから」というより、「提案内容に共感し、任せれば安心と感じたから」というのがパートナーに選んだ決め手になります。
またそもそも、6言語に対応できる会社は他になかなかないのではないでしょうか? そのため当初は「言語の得意な代理店を集めて6言語に対応しよう」という案があったほどです。ですからインフォキュービック・ジャパンさんに決めたのは、6言語すべてに1社で対応できるというところもやはり大きかったですね。

フォロー体制がしっかりしていて、制作進行の管理や課題を捉える能力が抜群。作業スピードも飛び抜けて速いことに驚き

実際に制作の工程に入ると、インフォキュービック・ジャパンさんはフォロー体制がしっかりしていて、フィードバックもきちんと届けてくれますし、もちろん進行の遅れやミスもありません。制作進行の管理能力が優れており、おかげで終始スムーズに進めることができてとても助かりました。
営業担当者の方も、課題を捉える能力が他社より非常に長けているという印象がありますね。丁寧なヒアリングで私たちが考えていることをきちんと吸い出して、想いを拾っていただけるという安心感があります。そもそも私たちは、これまで国内向けのプロモーションしかしてこなかったために外国人のニーズがまだつかめていないので、海外向けマーケティングの実績が豊富なプロフェッショナルから色々と提案いただけるのはうれしいポイントですね。

実は日本語のリスティング広告の運用は別の会社に依頼しているのですが、6言語に対応するということは日本語のみと比較すると単純に6倍の作業量があるのに、インフォキュービック・ジャパンさんは1言語だけ対応している会社と変わらない作業スピードです。日本語の対応をしてくださっている会社もスピードは申し分ありませんので、インフォキュービック・ジャパンさんの作業スピードが飛び抜けて速いのでしょう。もちろん、広告の内容もとても素晴らしいですし、本当に頭が下がります。

施策を始めてから、問い合わせ数が右肩上がりで止まらない

外国人向けプロモーションを展開し始めてから、問い合わせ数はずっと右肩上がりで勢いが止まらない状況です。検索順位も順調に上がっており、海外にシェアが広がっているという実感があります。2年も同じマーケティング施策を続けていると、多くの場合は伸び悩むものですが、どんどん新しいご提案をしていただいてチャレンジし続けているおかげで伸び続けているのだと思います。
海外での反応が増えたことは部署内だけでなく社員皆が実感しておりまして、特に問い合わせに対応している外国語のサポートセンターは「もう受けきれない」というほど。まさに嬉しい悲鳴が上がっている状況です。弊社は全国に偏りなく賃貸物件を展開しておりまして、外国人の方のニーズは特に、留学生や自動車メーカーの生産工場の就労者などが住む物件の需要が高いです。6カ国語に対応している中では英語を始め、スペイン語、ポルトガル語、最近では中国語でのお問い合わせも増えてきています。
弊社は、インバウンドマーケットの領域では最後発ですので、はじめは手探り状態でした。にもかかわらず、インフォキュービック・ジャパンさんとお付き合いを始めてから徐々に海外でのシェアを獲得することができており、これはインフォキュービック・ジャパンさんが多言語マーケティングのPDCAをしっかりと回し、レッドオーシャンに風穴を開けてくれたおかげと感謝しています。
弊社は日本で一番大きな賃貸住宅管理会社として事業を営んでおりますので、今回インフォキュービック・ジャパンさんにご支援いただいてつかんだシェアをさらに広げていき、今後は海外でも業界日本一の地位にふさわしいシェアを獲得していきたいと考えています。

今後は「大東建託」「いい部屋ネット」のブランドを周知し、さらなる海外ニーズを探るためのご支援をお願いします

「外国人」とひとくくりに言っても、国や地域が違えば言語や文化はもちろん趣味嗜好や考え方も違いますので、国や地域に合わせて広告の内容も変えなければならないことは明らかです。それを専門家ではない私たちが毎回、すべて分析して対応していくことは困難ですので、これからも弊社の「こうしたい」という大雑把な意見から的確に想いを吸い上げていただき、色々な広告を積極的にご提案いただければ助かります。
また集客については引き続き改善して伸ばしていきたいと考えているのですが、海外向けの多言語マーケティングを始めてみて「海外では大東建託といっても誰も知らない。これではリスティング広告で検索順位を上げたとしても、最後に選んでもらうのは難しいのではないか」と痛感しています。今後は海外で「大東建託」「いい部屋ネット」というブランドを知ってもらえるよう、インフォキュービック・ジャパンさんのお知恵を拝借したいと思っています。また今はPDCAをうまく回していていただき、アクセスのデータなどを共有できているのですが、将来的にはその数字を使い、「何が本当に求められるのか、我々が持っている強みで差別化できるポイントは何か」を確かめ、さらなる海外でのニーズを探りたいと考えています。今後も一緒に海外ビジネスを大きくしていけるとうれしいです。これからも末永くお付き合いをよろしくお願いします。