GLOBAL MARKETING BLOG

ピックアップ 新着マーケットを知る
2021年07月14日

「成果が出る多言語サイト、7つのデザインアイデア」
~海外視点ならではの要点~

148 Views

  • twitter
  • facebook
  • hatena
  • note

コンバージョン数を増やすための「多言語サイト、デザインアイデア」

顧客と企業の関係構築において、企業ウェブサイトの重要性は年々高まっています。ましてや、「環境・文化・思考」などまったく違う海外ユーザーをターゲットとした場合、国境を越えてコミュニケーションを可能にするウェブサイト(グローバルサイト)は顧客と企業の関係構築を強化するうえでとても重要な役割を果たしています。

GWIの調査によると、2021年、世界のインターネットユーザーは47億人を突破。世界の総人口の60%がインターネット上に存在し、生活の平均40%以上はオンライン上で過ごしているそうです。

また企業ウェブサイトの重要性を考えるうえで忘れてはならないのが、人間が視覚的な生き物であることです。人間の脳に送られる情報の90%は視覚的なものからであり、人間の記憶も視覚的情報は他のどの感覚よりも最優先されるそうです。(Brain Rules by John Medina)

ウェブサイトデザインにおける適切な視覚的アプローチは顧客をウェブサイトに留まらせ、行動を促し、心を動かすことに繋がります。さらにいえば、結局のところ、いくらWebサイトを制作しても、視覚的なアプローチによって顧客の心を動かしてコンバージョンさせなければビジネスは成立しません。

そこで今回は、とりわけ海外ユーザーからの「問い合わせ」や「購入」といったコンバージョンを増やすための「多言語サイト、デザインアイデア」をご紹介します。

 

1.ブランドとデザインの一貫性

企業にとってコンバージョンを増やすためには、ブランディングは不可欠です。ブランディングは、ユーザーに対して企業のイメージや商品のストーリーなどを伝える役目を果たします。企業のコンセプトや歴史、商品が誕生するまでのストーリーは、商品に直接関係するものではありませんが、これらの要素はユーザーの心を掴みます。大企業をはじめ、多くの企業がブランディングに力を入れるのは、計り知れない効果が期待できるからです。

Apple.com
< Apple >

下記のブログ記事でも紹介していますが、Apple(アップル)のデザインは全てのページが”Apple”です。実店舗・製品・ウェブデザインなどAppleに関わる全てのユーザーインターフェースに一貫性を持たせることで、統一した世界観を創りだし、非常に強力なブランド力を生み出しています。

Apple社の美しいウェブサイトから紐解く
「新時代のグローバルユーザビリティ」

 

2.色のコントラスト

ブランディングを考えるとき、色とコントラストを積極的に活用しましょう。色はブランド構築に大きく影響していて、ユーザーの第一印象の約9割は、色によって決まるとも言われています。

カラーは、色相・値・彩度などによって、無数のバリエーションが存在しています。同じグリーンであっても、彩度が上がったり、下がったりすることで、与える印象も大きく異なってくるので、色理論に関する理解も必要です。コントラストを利用することで、ユーザーに注目してもらいたいところに目を向けさせることが可能です。コントラストの高いものと低いものを表示すると、ユーザーの目は自然と高いほうに向かい意図的にアピールすることができるのです。そしてこれがコンバージョンへの導線となるのです。

GWI.com
< GWI >

GWIのウェブサイトは、ネイビー・ホワイト・ピンクのたった3色のみを使用していますが、色のコントラストを上手く使いメッセージ・CTAを際立たせています。

ウェブサイトで使用する色は「親しみやすさ」と「ブランド認知」に貢献するようなものを選びましょう。適切な色には、視聴者の感情を刺激する力があります。そのため、ウェブサイトのテーマカラーを選ぶときは、ブランドメッセージに共鳴する色を選択してください。

「色彩心理と企業ブランドの関係」
~色がもたらす感情をマーケに活用しよう~

 

3.余白を活用する

ホームページの余白をうまく利用することで、画像・テキスト・CTAなどの重要な情報を目立たせ、ユーザー行動を促すことが可能になります。

効果的な配色コントラストと余白を組み合わせ、視覚的にインパクトのあるメッセージをユーザーに伝えることができるなど、余白を有効活用したウェブデザインは、コンバージョン率を高めるためのデザインテクニックの1つです。

snapchat.com
<Snap.Inc,>

 

4.ユーザーアクションを減らす

ヒックの法則からもわかるように、人間は選択肢が多いと迷ってしまい、最後には何もしないという選択肢を選ぶ傾向があります。複雑なナビゲーションは、ユーザーを迷わせ、ストレスを与え、離脱の原因となります。ユーザーが欲しい情報を、できるだけ分りやすく見やすい場所に配置することで、スムーズにユーザーを目的地まで誘導しましょう。

そのサイトで感じる印象はその後の購買行動に影響を与え、ひいては売上高をも左右するインパクトをもっています。理想的には3クリック以下でサイトの目的の場所にアクセスできるように設計しましょう。

 

5.インパクトのある高品質な画像を

視覚からの情報は、3日後に記憶に残っている可能性が65%あると言われています。聴覚情報は10%しか記憶に残らないことを考えると、インパクトのある画像の効果は侮れません。ただし、インパクトのある画像ならなんでも良いというわけではありません。必ずブランドのイメージとリンクするものを使用しましょう。

また、高品質な画像もコンバージョン数に大きな影響を与えることがわかっています。人間の脳はテキストを読むよりも画像・ビジュアル情報をより早く処理することができます。そのため、画像選びは潜在顧客がウェブサイトに滞在し、コンバージョンへと繋げることができるかどうかの決め手となる重要な要素の1つとなるのです。


< Human >

 

6.「笑顔」を追加する

人は、「笑顔」に感情的な反応を示すことがわかっています。人は本能的に笑顔に惹きつけられるのです。

「顔」は視線を集めるとともに、見ている人に同様の感情を与えるとも言われています。恐怖の顔の画像は見る人を不安にさせ、笑顔の画像は見る人を笑顔にさせるのです。

denso.com
<DENSOグローバルサイト>

Collectorz.comはランディングページに「真面目な顔」と「笑顔の顔」でのパフォーマンスの違いを計測する5週間のA/Bテストを行いました。結果、「笑顔の顔」の方が売上が9.9%増加したそうです。

 

7.番外編:表示スピードを向上させる

ウェブサイトの読み込み速度はユーザーの離脱する大きな原因になりす。素晴らしいデザインのウェブサイトであっても、読み込み時間がかかってしまえば、多くのユーザーはサイトから離脱する可能性が高まります。

ウェブサイトのスピードモニタリング会社MachMetricsによると理想的なウェブサイトの読み込み時間は、たった3秒だそうです。サイトが重くなると、ページが表示されるまでに時間がかかってしまい、ユーザーがサイトを見ずに離れてしまうことにつながったり、Googleのアルゴリズムに影響するため注意が必要です。Googleアルゴリズムにおけるウェブサイトの上位表示のための要素の1つは、サイトの表示速度であることも忘れてはいけません。

画像を使用することによってサイトのスピードが遅くなるのを防ぐには、画像を圧縮して軽量化すると良いでしょう。WordPressを使用している場合は「Smush」など画像圧縮プラグインを使用しましょう。

 

まとめ

コンバージョン数を増やしビジネス上の成果を出すために、ウェブサイトのデザインは重要な役割を果たします。ユーザーがウェブサイトを訪れた際に「コンテンツとレイアウトが魅力的でない」と感じた場合、38%の人が離脱するそうです。

海外のユーザーを魅了するウェブデザインは、日本語でのサイト制作以上に困難なものになります。さらに、実際にウェブサイトを制作して、ユーザーの反応を見ながら、サイトの精度を高めてくことで魅力的なウェブサイトになるでしょう。海外ユーザーの離脱を防ぎ、惹きつける多言語ウェブサイト制作をお考えでしたら、ぜひご相談ください!

サイト制作バナー

吉田 真帆

吉田 真帆 マーケティング部 プランナー

弊社の「コンテンツマーケティング(企画・記事執筆)、メールマーケティング」を担当しています。オーストラリアの永住権取得後、思いもよらず日本に帰国。「愛のあるコンテンツ作成」がモットーの一児の母です。趣味はランニング・ヨガ・料理・読書。