INFO CUBIC BLOG

トレンドを知る
2020年06月03日

タイのインターネット使用率が大幅に変化!
拡大するタイEC市場の最新トレンドとは?

  • SHARE
  • facebook
  • twitter

タイのインターネット使用率が大幅に変化!
~拡大するタイEC市場の最新トレンドとは?

 

皆さん、こんにちは!紗利奈です。
日常で欠かせないインターネットは全世界で年々利用者数が増加しており、タイでも同様の現象が起こっています。タイでは10年前と比べると「インターネットの普及率」は約2倍に増加し、現在ではタイ人口の7割の人がインターネットを利用しています。

それに伴い成長しているのが、EC市場。2018年のタイのEC市場規模は751.1憶バーツとなり、10年前に比べて「4倍以上に成長」をしています。そして今後2023年には1512憶バーツにまで市場が拡大するだろうと予想されています。

今回はタイにおける「インターネットの利用状況」と「比例して拡大するタイのEC市場」について紹介します。

 

smartphoneタイのインターネット利用時間 /

2019年の1日平均インターネット利用時間は「10時間20分」となっています。

checkmark 性別

女性:10時間17分
男性:10時間25分

checkmark 年齢別

55歳∼73歳:10時間
39歳∼54歳:9時間49分
19歳∼38歳:10時間36分
19歳以下:10時間35分

年齢別では、「19歳∼38歳」が5年連続で使用時間が一番長いという結果ですが、これは仕事でインターネットを利用しているためです。次に利用時間が長いのは19歳以下です。この世代は生まれたときからインターネットが存在しており、使用するのが当たり前の年代です。

次世代を担う「Generation Z」!
世界の若年層ユーザーに共通する10の特徴

checkmark 利用時間

タイインターネットの利用者数推移

近年では「1日のインターネット利用時間」は増加する傾向にあります。
インターネットの利用時間が増えた理由として、政府の推進により全国各地で「インターネットインフラが整備されたこと」が大きな要因といえます。タイ全国各地でWi-Fiサービスが利用できるようになっただけでなく、通信速度の速い高速インターネットが使えるようになったことが大きく影響しているようです。また、さまざまな技術の開発も進み、携帯、パソコン、タブレットの価格が下がったことも利用者が増えた要因と言えるでしょう。2020年6月からは5Gのサービスも開始される予定となっており、今後もインターネット環境の整備が急速に進むと予想されています。

 

\タイの人々はインターネットで何をしている?/

1日のインターネット使用時間のほとんどを「ソーシャルメディア(Facebook、Line、Instagram)」に使っています。次いで「動画や映画の視聴」、「音楽を聞いたり」しているようです。その他にもほしい情報の検索、メールの送信や受け取り、オンラインでの決済や支払い等々があります。

タイのインターネット使用率が大幅に変化! ~その変動理由と「拡大するタイのEC市場」とは‗タイ人がインターネットを使ってしていること

2019年に最も増加したのは、オンラインでの「料理注文」です。(15.1%増加)

他には、決済・支払(11.4%増加)、書類・荷物の届出(11%増加)、映画の視聴と音楽を聴く(10.5%増加)、オンラインでタクシーを呼ぶ(9.3%増加)などが大きく増加しています。このような日常生活で必要な行動もオンラインの傾向が強まっています。

 

\オンラインとオフラインの割合/

今の時代ではほとんどの商品やサービスがオンラインでも利用できますが、タイ人が一番多くオンラインで利用しているものが下記の順となっています。

  • ホテル予約94.1%
  • コミュニケーション 91.8%
  • チケット購入90.7%
  • 映画を視聴と音楽を聴く85.4%
  • 決済や支払い」85.2%

タイのインターネット使用率が大幅に変化! ~その変動理由と「拡大するタイのEC市場」とは‗オンラインとオフラインの割合

ここで、注目したいのが、「商品やサービスの購入」の分野です。ここはオフラインとオンラインが半々ぐらいの割合となっており、まだまだオンラインの成長の余地があります。

 

\タイで拡大するEC市場!人気のプラットフォームとは?/

冒頭でも述べましたが、タイのEC市場はインターネットの普及率と比例して年々拡大しています。10年前に比べて「4倍以上に成長」をしており、今後2023年には1512憶バーツにまで市場が拡大するだろうと予想されています。では、人々はどのようなプラットフォームを利用しているのでしょうか?

checkmark 購入者に人気のあるプラットフォーム

タイ人が商品やサービスをオンラインで「購入する際に使用するプラットフォーム」を、人気順に挙げると、下記の順となります。

タイのインターネット使用率が大幅に変化! ~その変動理由と「拡大するタイのEC市場」とは_人気プラットフォーム

  1. Shopee
  2. Lazada
  3. Facebook Fanpage
  4. Line
  5. Instagram
  6. TwitterShopee

TwitterShopeeの人気は、プロモーションが多くFlash Saleや期間限定のセールがある、レビューを見ることができる、返品可能である、他の店との比較ができるなどの理由からです。

 

checkmark 販売者から人気のプラットフォーム

一方、商品やサービスをオンラインで「商品を提供する側から人気のプラットフォーム」は以下の図となっています。

タイのインターネット使用率が大幅に変化! ~その変動理由と「拡大するタイのEC市場」とは_人気販売プラットフォーム

  1. Facebook Fanpage、
  2. Shopee(ショッピー)
  3. Lin
  4. Instagram、
  5. Lazada(ラサンダー)
  6. Twitter

なぜSNSが商品やサービスを提供する側から人気なのでしょうか?
それはタイでは「FacebookやLINEはユーザー数が多いこと(Facebookの利用率は97%)」、そして「操作が簡単」で、「広告配信のターゲット設定が細かくできること」が理由に挙げられます。タイではソーシャルメディアの利用率がとても高く、タイへ進出する際は、SNSを活用した企業マーケティングは必須のマーケティング施策となっています。

 

\共に人気のプラットフォーム/

先ほどご紹介した「購入する側」「販売する側」ともに人気のプラットフォーム「Lazada」と「Shopee」をご紹介します。

checkmark LAZADA

タイのインターネット使用率が大幅に変化! ~変動理由と「拡大するタイのEC市場」についてlazada

販売先:マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン

Lazadaは東南アジア向けに販売できる越境ECサイトです。中国のアリババグループがLazadaの支配権を10億ドルで買収。世界の大手IT機器メーカーなど、大手企業も出店しています。「タイのAmazon」とも呼ばれています。

東南アジア向けの大きなモールであり、東南アジアに進出したい企業にはもってこいといえます。しかし最初からすべての国へ出品できるわけではなく、まずマレーシア版サイトに登録する必要があります。マレーシア版のLazadaでの販売状況に応じて、マレーシア以外の他国への出品が可能になります。

・月間ウェブサイト訪問者数は4130万人(2019年)

 

checkmark Shopee

タイのインターネット使用率が大幅に変化! ~変動理由と「拡大するタイのEC市場」についてshopee

販売先:マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン+台湾

東南アジア6か国+台湾向けに販売できる越境ECサイトです。サービス開始から短期間で成長を遂げており、最も勢いのあるマーケットプレイスと呼ばれています。

・月間ウェブサイト訪問者数:2928万人

 

まとめ

タイではインターネットインフラが整い、どんな時でも繋がることができるようになったことがEC利用の増加に繋がったようです。以前は決済サービスや物流などの問題が多く、日本の業者にとって参入のハードルが高かったタイ市場でしたが、ECを取り巻く環境は急激に改善されています。タイではソーシャルメディアの利用率がとても高く、タイへ進出する際は、SNSを活用した企業マーケティングは必須のマーケティング施策となっています。チャンスを逃さないためにもタイの最新情報をこれからもしっかりと追っていきましょう!


download ホワイトペーパー

「タイ人ネットユーザーのインターネット利用時間は世界最長」であること、皆様はご存知ですか?
「ASEANのデジタル大国」をめざすタイでは、インターネットインフラの整備が進み、他に類を見ない独自のウェブ環境が生まれています。弊社のタイ人コンサルタントが中心となり「日本企業がタイマーケットを攻略するヒント」をホワイトペーパーにまとめました!ぜひ御社のASEAN向けデジタルマーケティング施策にお役立て下さい。

ホワイトペーパーペーパーータイ向け海外デジタルマーケティング基本戦略

 

 

その他、タイへのマーケティングに関して、お考えでしたらお気軽にご相談ください!


関連するお客様ご支援事例

タイのインターネット使用率が大幅に変化! ~「比例して拡大するEC市場」について~お客様事例        タイのインターネット使用率が大幅に変化! ~「比例して拡大するEC市場」について~お客様事例

執筆者プロフィール


Sarina Abdunroman

アブドゥンロマン 紗利奈 

株株式会社インフォキュービック・ジャパン Digital Marketing Team Consultant。タイと日本のハーフ。タイで育ち現地のプリンスオフソンクラー大学(Prince of Songkla University)で経営学部会計学科を学び、卒業後はタイの日系企業に就職。来日後、インフォキュービック・ジャパンに入社。趣味は園芸。​