GLOBAL MARKETING BLOG

ピックアップ 新着トレンドを知る
2021年07月20日

タイで急成長中スーパーアプリ「Wongnai」とは?
~タイ進出を進めるマーケター必見!~

34 Views

  • twitter
  • facebook
  • hatena
  • note

wangnaiとは?

食べログ、ぐるなび、ホットペッパー…日本でもお馴染みのグルメサイト。

もちろん世界各地にも様々なグルメサイトが存在するのをご存知ですか? アメリカ発の「Yelp」、ヨーロッパで人気の「Tripadvisor」、中国最大級の「大衆点評」など。その中でも今回はASEANの雄「タイ」において、外食の多いタイ人にとっては欠かせないグルメアプリ「Wangnai」を詳しくご紹介します!

Wongnaiとは

タイで人気のアプリ“Wongnai”って何?!

Wongnaiは”ウォンナイ”と読み、「Inside」という意味。

2010年にWongnaiが創業した当時、Wongnaiはタイの「グルメレビューサイト」でした。しかしながら、その後成長を続けたWongnaiは「レストラン情報」だけではなく「美容院・スパ・料理レシピ・ホテル・観光地」をはじめ43万件を超える多様な情報が集まる一大プラットフォーム、ネットインフラの1つとなっています。また、タイで最大のレストランデータベースを保有しており、月間アクティブユーザーは1000万人以上を獲得するほどです。

創業当時は赤字続きの経営でしたが、2012年から業績は急成長。創業から2〜3年が経つとユーザー数は数万人から数百万人へ急激に増加しました。レビュー数も増加し、2013年にはリクルートストラテジックパートナーズ(日本のホットペッパーグルメ運用会社)から資金を調達。2020年7月にはLINEのグループ会社である「LINE MAN」と合併し、LINE Thailandにおいて「フードデリバリーサービス」「店舗決済サービスWongnai POS」など様々なサービスを展開しています。今後数年でIPO(新規株式公開)をめざしていると発表されています。

 

ではなぜWongnaiは成功したのか?

Wongnaiの成長のきっかけは様々な要因があります。そのなかでも大きな要因の1つとして挙げられるのが、2012年のタイにおけるスマートフォンが普及したことです。Wongnaiは創業当初からアプリ開発に積極的に取り組んでおり、スマホ普及が追い風となり、あっという間に膨大なユーザーを獲得。タイでは多くの人が使うアプリへと成長しました。

2021年にはタイ総人口6995万人に対して、タイ人のスマホ保有台数はなんと9066万台! これは全人口の129.6%に相当する数であり、多くの人はモバイル・スマホからインターネットにアクセスしていることがわかります。スマホは1人、2台持ち。そんな独自のインターネット文化が発達しているのが、ネット大国「タイ」なのです。

タイのApp Storeダウンロード数の10年間ランキングのなかでも「銀行やTV、携帯電話会社」といった生活必需品ともいえるアプリのなかで10位にランクするWongnai、その高い人気度が分かります。

“Wongnai”って何?!

参照URL:https://appsynth.net/blog/thailands-top-apps/

 

LINEと手がける新たなサービス

LINEMAN x Wongnai logo

2020年に合併したWongnaiとLINE MANですが、実は両者は2017年から手を組み、次々と新たなサービスを生み出していました。LINE MANとは、LINEがタイで提供する宅配サービスです。フードデリバリーに加えて、荷物の配達、コンビニエンスストアからの配送など、デリバリーに特化したサービスです。そうした配送サービスとWongnaiが組むことで、ユーザーはWongnaiに登録しているレストランの口コミを見ながら料理を注文し、できたての美味しい料理を家まで配達してもらえるようになりました。

Wongnaiには40万件以上のレストランデータベースがあり、一方LINEにはタイ人の5,000万人以上のユーザーがいます。それらを連携活用することで、さらにユーザー数を増やしながらWongnaiが単なるグルメサイトからより市場規模の大きいフードデリバリー業界への参入に成功したのです。

そしてこの新型コロナの影響が追い風となり、2020年の注文数は2019年と比べて5倍を記録。今後も様々な新機能などを実装し「タイ№1の食品エコシステム」になることを目標に掲げています。

 

Wongnaiの多岐にわたるサービス

Wongnaiはグルメサイト以外にも「Wongnai Beauty」など様々なサービスを展開。Blognone(IT情報サイト)と brandinside(ビジネスサイト)を買収することによって、さらなる事業拡大を進め、タイにおけるプラットフォーマー・スーパーアプリ化に向けて着実に勢力を拡大しています。今やタイの人々の日常生活では欠かせないものになっていると言っても過言ではありません。

  • Wongnai Food
    レストラン検索、実際に食べた人の口コミ情報
  • Wongnai Beauty
    美容院・スパ検索、実際に利用した人の口コミ情報
  • Wongnai Cooking
    家での簡単な料理メニュー・レシピ情報
  • Wongnai Delivery
    24時間オンラインで料理を注文が可能なサービス
  • Wongnai Travel
    「観光地の検索・宿泊施設の予約・旅行計画」などが利用可能
  • Wongnai POS by FoodStory
    レストラン向けのB2Bサービス「Wongnai、LINE MAN 、SCB Easy」3つのプラットフォームが統合

 

まとめ

ネットインフラの急速な整備が進み、他に類を見ない独自のウェブ環境が生まれる国、タイ。タイ市場の攻略にはタイ現地のインターネット事情を理解することがスタート地点になります。

インフォキュービック・ジャパンでは、タイ出身のマーケティングエキスパートを中心に、お客様の状況・課題に合わせた海外デジタルマーケティング施策をご提案しています。ぜひお気軽にご相談下さい!

Sarina Abdunroman

アブドゥンロマン 紗利奈 

株株式会社インフォキュービック・ジャパン Digital Marketing Team Consultant。タイと日本のハーフ。タイで育ち現地のプリンスオフソンクラー大学(Prince of Songkla University)で経営学部会計学科を学び、卒業後はタイの日系企業に就職。来日後、インフォキュービック・ジャパンに入社。趣味は園芸。​