INFO CUBIC BLOG

ピックアップ 新着トレンドを知る
2020年11月24日

「タイの独自発達WEBメディア特集」
~タイ向け広告出稿に活用しよう!~

  • SHARE
  • facebook
  • twitter

thailand webmediaを紹介

こんにちは、インフォキュービック・ジャパンのサリナです。

近年タイのデジタル事情は環境・情勢ともに大きく変化しています。2015年から政府がデジタル経済の発展を推進する「タイランド4.0」の影響もあり、タイでは急速にインターネット環境の整備が進んでいます。その変化に伴い、ここ10年でタイのインターネットの使用率は年々利用者数が増加し、独自のウェブメディアが発達してきました。タイ人が普段の生活の中でニュースやレストランを探したり、ショッピングをするのに利用するメディア以外に、日本に特化したウェブメディアなどが存在します。日本旅行を計画するときや、日本の情報を得るのに良く利用されています。

そこで今回は、タイで人気のウェブメディアとその特徴を紹介します。今後のインバウンド需要も見据えて、特徴を押さえ、タイマーケティングに効果的に活用しましょう!

Pantip

Pantip(パンティップ)はタイでトップのオンラインコミュニティサイト、オンライン掲示板です。旅行、スポーツ、政治、食べ物、IT、ビジネス等々ほとんどのトピックが揃っています。

1996年に設立され、現在月々のPV数は4億2千万、ユーザー数は4千5百万とタイで一番使われているメディアです。PantipのFacebook公式ファンページには264万人のフォロワーがいます。

タイ人は何かについての口コミ、レビューを調べたい時によく○○Pantipと、Pantipの前に調べたい言葉を入れて検索します。例えばブランド名、商品名、ホテルの名前、場所などです。
Pantipは長年使われており、今やタイ人の生活に欠かせないものになっています。

ちなみに過去にLonely Planet からBest Travel Website in Thailand部門で受賞しました。

公式サイト:https://pantip.com/
Facebookファンページ:https://www.facebook.com/pantipdotcom

 

Sanook

sanook

Sanook(サヌック)はタイ語で「楽しい」という意味です。「サイトを訪れるユーザーの皆様、楽しんでください!」との思いを込めて付けられた名前です。1998年Poramate Minsiri氏が趣味として始めたウェブサイトが人気が高まるにつれ様々なコンテンツを追加し、タイで人気のウェブメディアの1つとなりました。

月間アクティブユーザーは3000万人を誇っています。2016年中国大手Tencent(テンセント)に買収されてからは社名をTencent Thailandへ変更していますが、Sanookはそのまま運営されており、高い人気を誇っています。

Sanookにはあらゆるコンテンツが豊富にあります。例えば最新のニュース、宝くじ(の結果)、占い、映画、ドラマ、音楽、サッカー(試合結果、分析)、健康などです。

タイSanook

Sanook公式サイト:https://www.sanook.com

 

Kapook

Kapook(カプック)はピンク色の豚さんと鮮やかなグリーンがシンボルでタイではお馴染みのウェブメディアです。ロゴは「K@POOK!」。

KapookはSanookと同じくPoramate Minsiri氏がポータルサイトとして2000年に設立しました。Kapookは 若者をターゲットにしたサービスを提供しています。現在の主なサービスはニュースと知識、エンターテイメント、ライフスタイル、ショッピング、バラエティです。特にレシピを検索したときはKapookが多く上位に表示されます。日本語版のCookpadのようなイメージです。

 

Kapook

Kapook公式サイト:https://www.kapook.com/
料理サイト:https://cooking.kapook.com/

 

続いて、日本に特化したタイのメディアを紹介します。

Tiewyeepoon

Tiewyeepoon(ティアゥイプン)はタイ語で“日本旅行”と言う意味です。その名の通り日本旅行のためのサイトです。2017年にJNTOのJapan Tourism Awardで Outstanding Japan Tourism Contents Awardの部門を受賞しています。日本旅行に行く前の情報収集などによく利用されています。

tiewyeepoon1

 

Tiewyeepoon公式サイト:www.tiewyeepoon.com
Facebookファンページ:www.facebook.com/tiewyeepoo
※JNTO:日本政府観光局 – Japan National Tourism Organization

 

Talonjapan

Talonjapan(タロンジャパン)はタイ語でこちらも“日本旅行”と言う意味です。
TiewとTalonは日本語に翻訳するとどちらも“旅”を意味します。ただしTalonの方が話し言葉なのでくだけた感じです。このサイトももちろん日本旅行のための情報がのっています。Talonjapanは他の媒体にはないFacebookのグループコミュニティがあり、現在約33万人のメンバーが登録しています。

Talonjapan

Talonjapanサイト:https://www.talonjapan.com/
Facebookファンページ:https://www.facebook.com/TalonJapan/
Facebookグループ:https://www.facebook.com/groups/talonjapangroup/

 

Chill Chill Japan

Chill chill japanも日本旅行をメインにしたサイトです。Chill chillはタイ語でカジュアル、簡単、リラックスと言う意味で、Chill chill japanは簡単に気軽に日本旅行をしようという意図のサイトです。

Chillchilljapan

Chill chill japan公式サイト:https://chillchilljapan.com/
Facebookファンページ:https://www.facebook.com/chillchilljapan/

 

Marumura

Marumuraは日本旅行をはじめ日本文化、歴史、日本の生活、社会、ドラマ等の日本の情報が豊富にあります。日本好きなタイ人向けのサイトです。

Marumura

Marumura公式サイト:https://www.marumura.com/
Facebookファンページ:https://www.facebook.com/marumuradotcom/

 

まとめ

以上、タイで人気のメディアとタイ人向け日本情報が得られるメディアの紹介をしました。
いかがでしたでしょうか?タイには日本に興味を持っている人が多くいるので日本情報のみを扱っているメディアが複数あるのです。ぜひ日本の皆さんものぞいてみてください。タイ向けにどういう情報が配信されているのか情報収集をしても面白いかもしれません。

 

ダウンロードホワイトペーパー

「タイ人ネットユーザーのインターネット利用時間は世界最長」であること、皆様はご存知ですか? 「ASEANのデジタル大国」をめざすタイでは、インターネットインフラの整備が進み、他に類を見ない独自のウェブ環境が生まれています。弊社のタイ人コンサルタントが中心となり「日本企業がタイマーケットを攻略するヒント」をホワイトペーパーにまとめました。

ホワイトペーパーペーパーータイ向け海外デジタルマーケティング基本戦略

 

タイやASEANに向けたデジタルマーケティングに興味がありましたら、お気軽にご相談下さい

執筆者プロフィール


Sarina Abdunroman

アブドゥンロマン 紗利奈 

株株式会社インフォキュービック・ジャパン Digital Marketing Team Consultant。タイと日本のハーフ。タイで育ち現地のプリンスオフソンクラー大学(Prince of Songkla University)で経営学部会計学科を学び、卒業後はタイの日系企業に就職。来日後、インフォキュービック・ジャパンに入社。趣味は園芸。​