INFO CUBIC BLOG

ピックアップ トレンドを知る
2020年05月13日

こんなに簡単!
「日本企業向けFacebookページの作り方、7ステップ」

  • SHARE
  • facebook
  • twitter

FBアカウントの開設方法

こんなに簡単!
日本企業向けFacebookページの作り方、7ステップ

Facebookページの作り方はとても簡単。少しの時間があれば、あなたのFacebookページは完成します。Facebookは、月間のアクティブユーザーが25億人という世界で最も利用されているSNSであり、その効果は絶大。世界ではすでに1億4000万というFacebookページが作成されています。

そして、今回のコロナウィルスの感染拡大の影響によりSNSの利用率は世界的に急加速しました。

Facebook社の発表によると、ウィルスの被害が大きかった多くの国で、メッセージの総数が50%増加し、MessengerやWhatsAppでのビデオ通話はが2倍に増加しました。イタリアにおいては、InstagramaとFacebookのライブビューは2倍となり、メッセージ送信が50%増加、グループ通話においては1000%の成長となりました。


(Facebook:NewsRoom

今回の利用率の成長はコロナウィルスの影響により外出制限や、安否確認等に利用された事などの複合的な結果ではありますが、ソーシャルメディアが人々の生活の一部となっていることが明確となったのではないでしょうか?

もしあなたがSNSを活用したマーケティング、また海外デジタルマーケティングを考えているのであれば、今すぐにアカウントの作成をすべきです。本記事では、「Facebookページの作り方に関する7つのステップ」と「Facebookページをグローバルに活用するポイント」について紹介します。

 

 Facebookページの作り方 簡単 7 ステップ 

Facebookページを作るためには、Facebookの個人ページが必要となります。Facebookの個人ページを作成していない場合は、先に作るようにしてください(Facebookページを作成するためには、Facebookの個人アカウントが必要ですが、個人アカウントの情報はFacebookページには一切反映されませんのでご安心ください)。

  Step 1 : サインアップ

サインアップページにアクセスしてください。


<How to Create a Facebook Business Page in 7 Easy Steps>

「ビジネス」または「ブランド」もしくは「コミュニティ」もしくは「公人・著名人」(英語版:Community or Figure)の中から、作成したいページをタイプを選択してください。

 

「ビジネス情報」の記入

「ページ名」と「カテゴリー」を入力します。ページ名には、あなたの企業やサービス名を入れるのが基本ですが、ユーザーが検索しそうなワードでページ名を構成するのもよいでしょう。
また「カテゴリー」はユーザーがあなたのビジネスを見つけ出すために、非常に重要な項目です。適切な項目を選ぶとともに、もし1つのカテゴリーで表現することが難しい場合は「追加のカテゴリー」を加えることも可能です。(下記【Step 4 : ビジネスの詳細を記入】でご紹介します。)

 

「住所」と「電話番号」を記入

また、それらの情報を公開するのか、海外向けに発信するかについても選択できます。

 

Step 2 :プロフィールおよびカバー写真の追加

これらの写真は、あなたのビジネスの第一印象を決定付ける非常に重要な要素です。
写真を選ぶ基準は、あなたのビジネスの特徴がよく反映されているものか、もしくは写真からビジネスの分野がイメージしやすいものを利用するのがよいでしょう。また「企業ロゴ」をがあれば、それを利用するのも効果的です。あなたが著名人であったり、容姿が非常に優れているのであれば、あなたの写真をアップロードするのも効果的です。潜在的なフォロワーや顧客が、ページを即座に認識できることが最も重要となります。

 

Facebookプロフィール写真

画像サイズは「デスクトップ 170 x 170ピクセル」「モバイル 128 x 128ピクセル」です。
画像の四隅は消えてしまいますので、重要な情報を載せないように気を付けましょう。

 

カバー写真

あなたのビジネスのイメージを伝えるために非常に重要な要因です。
適切なサイズは「デスクトップ 820 x 312ピクセル」「モバイル 640 x 360」です。
魅力的なカバー写真を掲載し、顧客を獲得しましょう。

 

Step 3 : ユーザー名の作成

Facebook上での「ユーザー名:Username」を作成します。
ユーザー名は「バニティURL」と呼ばれ、Facebook上であなたの場所をユーザーに伝える大切なものです。
50文字までの登録が可能ですが、特殊文字を使ったり、意味のないユーザー名を設定してしまった場合、顧客があなたのページを探すことが難しくなります。ユーザーがタイプしやすい文字の形式で、またあなたのページが特徴づけられたユーザー名を設定することが大切です。

こんなに簡単! 「日本企業向けFacebookページの作り方、7ステップ」

ユーザー名を作成すると、Facebookがサイトのリンクを提供してくれます!
これでいよいよ、あなたのページにも顧客が訪れることができるようになりました。

ただ、ページを公開する前に、もう少し準備をしていきましょう。

 

Step 4 : ビジネスの詳細を記入

ユーザーを惹きつけるための「ビジネスの詳細」を充実させていきましょう。
例えば、夜9時まで利用できる店舗を探しているユーザーは、あなたのFacebookページに営業時間が記載されていなければ、他のページに行ってしまうことになるでしょう。顧客にとって必要な情報をもれなく記入することが重要となります。

トップページにある「ページ情報を編集」をクリックし、各項目に、ビジネスにおいて重要な情報を正しく記入していきましょう。

Description : 詳細

詳細欄は、検索時に表示される「短い説明文」で、ここではあなたのビジネスを簡潔に紹介します。
文字数は255字までに制限されており、より具体的な詳細の説明は【Step 5 : ビジネスのさらなる詳細を追記】で入力していきます。

 

Categories : カテゴリー

「ページ情報を編集」では、Step1. で入力したカテゴリーが表示されます。
必要に応じて複数のカテゴリーを記入することが可能です。あなたのビジネスをより正確なターゲット顧客に届けたい場合は、関連する複数のキーワードを追加するとよいでしょう。他にも「連絡方法」「所在地」「時間」「追加情報」などを記入することができます。

 

Step 5 : ビジネスのさらなる詳細を追記

Facebookページには、あなたのビジネスのさらなる詳細を記入できる箇所が設けられています。
メニューより「基本データ」を選択し「STORY:ストーリー」の欄を探してください。

この部分には、あなたのビジネスの詳細を「自由」に記入することができます。
この欄では「企業の
独自性」や「なぜあなたのページをフォローするしてほしいのか」を記入しましょう。

他社のビジネスと似たような内容であれば、ユーザーはフォローしてくれないかもしれません。ユーザーがフォローするのは「何らかのメリットが得られるからこそ」。その点に特に注意をしながらストーリーの記入を行うと良いでしょう!

 

Step 6 : 投稿するコンテンツを準備する

ビジネスページを公開する前に、いくつかの魅力的なコンテンツを準備することをおすすめします。
投稿がないとユーザーは、あなたのページがアクティブでないと考え、関わることをやめてしまいます。
SNSの運用において「継続的に投稿し続ける事」は最も重要なポイントの一つとなります。顧客の印象に残るためにも、選択肢に入れてもらうためにも、継続的な投稿を続けるために、コンテンツを準備する事が重要となります。

これまでのステップで、Facebookページの基本設定は終わりです。

 

Step 7 : ページを公開し、顧客を集める


緑色の「Publish Page : ページを公開する」のボタンを押せば、あなたのページを世界に発信することができます!

顧客があなたのページから常に刺激を受けることができるよう、常に魅力的なページになるように更新し続けることを忘れないでください。

 

 Facebookページをグローバルに活用する方法 

これまで、Facebookページの基本設定についてお話をしてきました。最後に、Facebookページをグローバルに活用する方法について紹介します。

Facebookグローバルページの設定で多言語対応

Facebookを海外デジタルマーケティングの戦略として使用する場合、以前は各言語別にページを作成する必要がありましたが、現在は、Facebookのグローバルページが公開されたことにより、単一のアカウントで各種言語のFacebookページを管理できるようになりました。


<Facebook:Global pages>

しかし、いくつもの言語のページをアクティブに管理することは非常に時間がかかる作業ですので、グローバルページの活用については、事前にしっかりと検討することをお勧めします。

多言語動画の活用 

現在、Facebookで注目を集めているのが「動画の拡散機能」です。
動画のプラットフォームと聞いて多くの人が真っ先に思い浮かべるのはYouTubeですが、YouTubeは動画視聴に焦点を当てているプラットフォームである為、動画の拡散力においてはFacebookに軍配が上がります現在は世界で活躍する日本人も多く、その人たちの目に留まれば、あなたのビジネスを紹介した動画が世界で拡散されるというのも不可能ではありません。しかし、日本人向けの日本語動画であれば、その可能性は半減してしまいます。

グローバルマーケットでの展開を考えている場合は、世界の人々が視聴できるよう、「多言語動画」の制作を行うことが重要でしょう。Facebookの動画拡散力を活用すれば、あなたのビジネスをグローバルに展開することが可能です。

終わりに

本記事では、Facebookページの作り方について紹介しました。非常に簡単なステップであるにも関わらず、日本では多くの企業が作成していないという現状があります。今後、マーケティングの舞台は急速にSNSに移るだろうと予想されています。まだFacebookページを作成していない企業は、SNSマーケティングの波に乗り遅れないように、今すぐに作成することをおすすめします!

また、あなたのFacebookページをグローバルに活用するためには、多言語動画を1つ制作することをお勧めします。しかし、総動画数が急激に増えている今日、やみくもに多言語動画を作るだけでは成果を得ることはできません。クオリティの高い多言語動画を制作するとともに、最新のSNSマーケティング戦略を展開していく必要があるでしょう。

download ホワイトペーパー

海外に向けたSNSマーケティングをご検討の方に向けに無料でダウンロード出来るホワイトペーパーをご用意しています。私たちインフォキュービック・ジャパンが考える「正しい進め方」「海外SNSマーケティングに取り組むにあたって押さえるべき5つのポイント」などを凝縮してご紹介しています。是非ご活用下さい!

ホワイトペーパーー初心者マーケター必見!海外SNSマーケティング入門

Facebookを始めとした各種SNSを活用したSNSマーケティング多言語動画制作など是非お気軽にお問い合わせください。


SNSに関するおすすめ記事

SNSも多言語対応出来ていますか?
多言語でSNSを活用「押さえるべき13のTips」

あなたは知ってる?
世界のSNSプラットフォーム30選!

執筆者プロフィール


Kaita

宇佐美 海太 マーケティング部マネージャー

弊社の「デジタル x アナログマーケティング、コーポレートブランディング」を統括しています。東京生まれ、南欧育ち。ヨーロッパの生活は1年だけですが、人生が劇的に変わりました。自分を育ててくれた"日本と世界"への感謝を胸に、「日本と世界をつなげること」が生涯のテーマです。趣味はプロレス鑑賞・料理です。