GLOBAL MARKETING BLOG

新着トレンドを知る
2020年12月21日

韓国の人気検索エンジン「Daum」とは?
~主要機能・NAVERとの比較~

1850 Views

  • twitter
  • facebook
  • hatena
  • note

Daum検索エンジン_韓国KV

 

今回は韓国のポータルサイト「Daum」についてご紹介します。日本ではあまり馴染みのない「Daum」ですが、韓国ではNAVERと共に誰もが知っている検索エンジンの一つです。詳しい内容については「韓国のウェブ事情」で取り上げているので、ご興味のある方はそちらの記事も是非ご覧ください。

 

Daumとは?

韓国検索エンジンDaumとは?

<参照元:Daum.net

韓国で人気の検索エンジンの1つで、シェアはNAVERに次ぐ3位(2020年現在)です。1997年韓国初の無料ウェブメールである「ハンメール(hanmail)」サービスを開始。これを機にオンラインコミュニケーションツールが従来のパソコン通信からインターネットへ急速に移行しました。2000年に「検索」サービスを開始し、オンラインコミュニティサービスの「カフェ」やニュースサービスの「ニュース」などを次々にリリースし、インターネットポータル企業として成長しました。

当初の運営会社であるDaumコミュニケーションは、2014年10月㈱カカオと合併し㈱Daumカカオを発足させ、2015年10月には社名を㈱カカオに変更し、今に至っています。ちなみに「㈱カカオ」は韓国でNo.1のスマホメッセンジャーアプリ「カカオトーク」の運営会社です。

それではDaumの各サービスについてご紹介します。

 

check Daumメール

Daumの無料メールサービスです。1997年5月に韓国初の無料ウェブメールサービスをスタートし、一世を風靡しました。
2000年代初頭はシェア率が70%に達し、当時「ウェブメール=ハンメール」と言われるほど高い人気を誇りました。「ハンメール(hanmail)」という名前は「韓国を代表するeメール」という意味で、2011年5月からはブランド統一の一環として「Daumメール」で運営しています。

 

check 検索サービス

2000年に検索サービスを開始し、カフェ、ニュース、動画検索を中心に韓国検索市場でシェアを拡大しました。2003年3月にGoogle(ウェブドキュメント検索)と提携を結び、検索機能を強化しました(2009年5月に契約は終了)が、現在は独自のウェブ検索結果を表示しています。

近年ではメッセンジャーアプリで韓国シェア95%を誇るの「カカオトーク」と連携し、トーク内の「#検索」機能に検索結果が表示されます。「#検索機能」とはトーク中に調べ物をしたい時にトークルールのテキスト入力欄の横にある「#」を押して言葉を入力すると、「Daum」の検索結果が表示され、検索結果をトークルームに共有することもできる便利な機能です。

Daumに広告出稿をお考えの方にはカカオトークユーザーにも広告を見てもらえる魅力的な機能です。

韓国検索エンジンDaumとは?!【前編】
<参照元: kakao>

check Daumブログ

Daumで運営しているサービス型ブログです。既にTistoryを買収しサービス型ブログとして運営していますが、Daum独自のサービスブログも運営しています。しかし、韓国では「ブログ= NAVERブログ」という認識が定着しており、実際のシェア率も低くなっています。

Daum blog
Daum blog
<参照元:Daum blog

 

check Daumペンカフェ

1999年から開始したオンラインコミュニティサービスで、開設数1625万個、加入者数3400万、掲示物54億個を記録しています。自社のハンメール(hanmail)サービスと合わせて韓国で「カフェといえばDaum」と言われるほど絶大な人気を誇りましたが、貧弱な機能や「知識iN」で人気を高めていた「NAVERカフェ」の登場により次第にユーザー離れが進みました。しかし!

実は、今Daumカフェが再び「アツイ!!」のです。その理由は、なんと!近年の韓流ブーム。Daumカフェは機能面やNAVERカフェの台頭により利用率が減りつつありましたが、最近はアイドルや俳優などが「公式ファンカフェ」として活用し、再び注目を集めています。

実際、多くの芸能人の公式ファンカフェが存在し、韓流ブームの影響で世界中のファンからのアクセスや加入も増えています。さらに、韓国最大の音楽配信サービス「MelOn(メロン)」を買収したことで暫くは再び影響力を持つと予想されます。

韓国検索エンジンDaumとは
<参照元:Daum cafe

 

「公式ファンカフェ」は公開された芸能人のファンカフェの中から最もアクティブなカフェを選定します。「公式ファンカフェ」に選ばれると「公式エンブレム」、「検索表示」、「応援ウィジェット」などの特典が与えられるので、ファンは自分が応援するスターのカフェのランク上げのため積極的に参加しています。

特に、芸能人本人や事務所で運営するカフェは優先的に選ばれる仕組みになっています。さらに、ファンカフェ内には「スターからのメッセージ」というコーナーがあり、実際芸能人からの投稿も見ることができるようになっています。世界的に芸能界の韓流ブームにより、「Daumカフェ」は再び活気を取り戻しているのです。

韓国検索エンジンDaumとは
<参照元: Daum>

 

それではDaumカフェとよく比べられるNAVERカフェとの違いについて見てみましょう!

 

Daumカフェ」 vs「 NAVERカフェ」

韓国検索エンジンDaumとは?

Daumカフェのメリットは完全な匿名性の保証です。NAVERはカフェ毎にニックネームを設定してもIDが分かる仕組みになっていますが、Daumカフェは加入時に指定したニックネームだけを表示させ利用することができます。
NAVERがカフェサービスを始めた当初Daumカフェにはまだカフェ内検索機能がなく、掲示板にコメントをつける機能も2002年になってようやく可能になりました。(現在はカフェ内の投稿検索可)
Daumカフェはオンライン上でカフェサービスをいち早く導入しただけにユーザーの年齢が高めです。そのため、自由に使いこなせていないカフェが多く、コミュニティや親睦目的のカフェが多いです。それに対してNAVERカフェは、NAVERブログとの併用するユーザーが多く、若い世代が中心に活動しているという特徴があります。

DaumカフェとNAVERカフェの違い

  • Daumカフェは匿名性を保証!

  • 機能面ではNAVERカフェに軍配が上がる!

 

Daumカカオ検索広告

Daumカカオ検索広告はDaum、Nateなどポータルサイトの最上位に表示されます。表示媒体も様々で、一回の登録で統合検索ページの最上位表示はもちろん、マスコミなどの提携媒体やカカオトークのチャンネルタブといったモバイルアプリにも広告を表示させることができるため、マーケティングの幅が広い特徴があります。さらに、表示有無に関わらずCPC方式を採用しているため、コストパフォーマンスも良いです。
検索広告は表示されるエリア別に大きく「プリミアムリンク」、「ワイドリンク」、「スペシャルリンク/スポンサーボックス」の3種類に分けられます。

check プリミアムリンク

➡NAVERの「パワーリンク」と同じく統合検索ページの最上位に表示される。入札金額によって10個のサイトが表示される。

韓国検索エンジンDaumとは_Daum広告
<参照元: Daum>

 

check ワイドリンク

➡需要の高い一部のキーワードに限り、統合検索結果ページのスペシャルリンクの下に表示される。

韓国検索エンジンDaumとは_Daum広告
<参照元: Daum>

 

check スペシャルリンク/スポンサーボックス

➡期間別課金方式を採用。基本的には一か月単位での購入が必要。サムネイルイメージやテキスト広告を一緒に表示でき、視認性が高い。

韓国検索エンジンDaumとは_Daum広告
<参照元:Daum>

 

まとめ

NAVERに比べると日本ではあまり知られていないDaumですが、韓国では無料メールサービスを最初に導入したり、カカオトークと連携したりと現在もサービスの幅を広げつつあります。韓国マーケティングにおいては、DaumやNaverなどの検索エンジンを効果的に活用することで、多くの韓国人ユーザーにアプローチすることができるでしょう。韓国に向けたリスティング広告などを活用した韓国マーケティングにご興味がありましたら、ぜひ私達にお申し付けください。

シンギョンラン

シン ギョンラン 

1994年韓国生まれ。韓国の慶北大学で日本語と経営を専攻。2014年長崎大学経済学部で一年間交換留学。学校で受けた授業をきっかけにマーケターとして活躍したいと思い、株式会社インフォキュービック・ジャパンにてインターンを経験。その後、2017年入社。現在はDigital Marketing Team Consultant として奮闘中。趣味は映画観覧。