INFO CUBIC BLOG

ピックアップ 新着トレンドを知る
2020年09月04日

台湾デジタルマーケティングに活用しよう!
台湾で大人気のブログ「痞客邦/PIXNET」って?

  • SHARE
  • facebook
  • twitter

 

「台湾で最も人気のあるブログサイトは?」と聞かれたら、まず多くの台湾人は「PIXNET」と答えるでしょう。

「PIXNET」は、台湾で人気のブログサイトです。「PIXNET」では人気のブロガーが人気商品の消費者レビューなどを紹介しており、台湾人の多くは購入したい商品のウェブサイトレビューを見るだけでなく、ブログで紹介されたレビューを確認して、商品を購入します。台湾人のブログに対する信頼感は日本人と比べて非常に強い傾向があり、台湾の消費者にとって「PIXNET」は、不可欠な情報源の一つとなっています。

今回は台湾でデジタルマーケティング施策として活用できる、人気のブログサービス「PINXET/痞客邦」と台湾マーケティング活用方法をご紹介します!

 

PIXNETとは?


<出典元:PIXNET>

PIXNET(https://www.pixnet.net/

  • 台湾のWebsite1位(ソーシャルネットワーキングサイトとコンテンツ作成プラットフォーム)
  • 毎日770万人のサイト訪問数 (※台湾の人口は約2,300万人)

高品質のコミュニティコンテンツと無料の写真アルバムやブログサービスを提供するだけでなく、ウェブアルバム、メッセージボードなどユーザーがより迅速にコミュニティを広めることができるように多様な機能が導入され続けています。会員サービスは充実していて、使いやすいアプリサービスも人気を得ています。

多様な機能とは、例えば日本でいうところのアメーバやMixiのブログ機能のような感じです。日本でも多くの企業が台湾向けの情報発信ツールの一つとして、ブログの運用などを行っています。

 


<参照元:Hootsuite>

2020年台湾で訪問者の多いウェブサイト第6位にランクインしており、人気の高さが伺えます。

 

PIXNETのユーザー統計


<PIXNET:ユーザー年齢別と性別の割合調査>

▼属性

年齢 : 20才以上が約83%
メインユーザー層 : 21~40才(約69%)
性別 : 女性:男性 =約 1:1

▼ 興味関心

1位:ファッションビューティー
2位:レジャー観光
3位:美食情報
4位:育児関係の話題
5位:クリエイティブに関する話題

PIXNETブログの魅力は単に広告文のようにアピールするだけではなく、ブロガーも自身の体験談をシェアして、商品のメリット・デメリットを多くの人に発信しています。台湾における口コミの影響力は大きくなっています。

では、PIXNET人気の理由と強みは何でしょうか?

 

PIXNETの強みとは?

PIXNETの強み①―「プラットフォームの操作の易さ」

当たり前のことですが、操作性は本当に重要なポイントとなります。

ブログサービスを提供するためのプラットフォームはたくさんありますが、PIXNETのブログサービスを魅了する理由はやはり操作の使い易さです! ここは文章で説明するよりも実際に使ってみた方がその良さが分かると思いますので、是非使ってみましょう。

PIXNETの強み②―「コミュニティの影響力」

PIXNETには500万人を超えるライフシェアラーがおり、毎日400,000件を超える新しいコンテンツ記事が作成されています。これらのライフシェアラーのコンテンツデータは、PIXNETのビッグデータシステムで、検索力(Search)、拡散力(Share)、人気(Publicity)、インタラクションパワー(Engagement)、アピール(Drive)などの社会的影響の5つの力に基づいて分析されます。コミュニティの共有者が自己評価を引用し、自分自身を強化できるようにするだけでなく、業界に信頼できる参照指標を提供しています。

PIXNETの強み③―「MIBブログ収益」

PIXNETの管理画面を見てみると、「MIB部落格(ブログ)収益」という項目があります。
自分の書いた記事がたくさん読まれて、この中に表示される広告がクリックされたら一部収入が記事作成者に入る、という仕組みです。そう、アフィリエイトです。

ちなみに日本のアメーバやMIXIは商用利用不可で、バナーをクリックされたとしても運営会社が利益を得る仕組みとなっています。実際に、一般の人がPIXNET内でブログアフィリエイトを本気で挑戦してうまくいっているケースもよくありPIXNETが活発に利用されている理由の一つとなっています。

PIXNETの強み④―「アプリ無料ツール」

PIXNETはネットの世界に欠かせないアプリツールのサービスも提供しています。


<参照元:PIXNET>

ソーシャルメディアマーケティングは非常にインタラクティブなトピックを作成できますが、結果は通常比較的即時的であり、ソーシャルメディアマーケティングはより幅広いユーザーを対象としています。 ブログマーケティングの違いは、特定の検索ニーズを持つ顧客を対象とし、専門的な情報を提供し、質問を解決できることです。

これだけ利点があれば、普及しているのも納得ですね。(特に2のアフィリエイト収入があるのは魅力的だと筆者は感じました。)

 

台湾デジタルマーケティングに「PIXNET」を活用する!

さて、台湾で販促をするにあたり、ここまで人気のPIXNETを利用しない手はないですよね。
でも「何をどうすればいいの?」なんて声も聞こえてきそうです。

結論:私たちが出来ることは2つ「ブログを運営して認知を拡大する」か、「広告の出稿」です。

「ブログ運営」

高品質なブログコンテンツを制作出来れば、ブログで収益をあげたり、ブランド認知の拡大に大きく貢献できるといえるでしょう。しかし、PIXNETは日本語が対応をしていません。ブログを運営するのであれば、基本的に中国語での運営となります。中国語が理解できる人材がいなければ、継続的な運営は厳しいといえるでしょう。

「広告配信」

広告配信に関しては、Google AdWords のGDN(Google Display Network)でPIXNET内に広告が出すことが可能です。Google AdWordsを使ったことがある方ならイメージが付きやすいかと思いますが、バナーの配信先をPIXNETにすれば簡単に広告配信することができます。特にBtoC向けのビジネスをされている方であれば、一度はバナー広告をPIXNETに出稿してみても良いかもしれません。

まとめ

PIXNETについていろいろ説明しましたが、詳しく知るには実際に登録して使ってみるのが一番です。台湾へのデジタルマーケティング施策を考えている方は是非一度ご活用してみてください!

 

ダウンロード

海外デジタルマーケティング推進という課題を「一歩踏み出せない」「何から始めたら良いかわからない」そんなマーケターの皆様に向けて、目標設定やどの施策が適切かの判断基準、適切な運用体制など弊社が考える「大切なポイント」・「最初のステップ」を本誌ホワイトペーパーにまとめました。 ぜひ、本資料をご活用下さい!

 

台湾向けデジタルマーケティングをご検討でしたら、お気軽にご相談下さい

 

執筆者プロフィール


チョウテンキョウ

チョウ テンキョウ 

中国の大学を卒業後、早稲田大学大学院に進学し修了。デジタルマーケティングの世界で活躍したいと思い、株式会社インフォキュービック・ジャパンに入社。現在デジタルプロモーションチームのコンサルタントとして、Baiduや360のリスティング広告を中心に多くのアカウントを運用中。趣味は数学、物理と奈良旅行。