GLOBAL MARKETING BLOG

ピックアップ 新着トレンドを知る
2021年02月22日

タグってますか?
「SNS#ハッシュタグのマーケティング活用法」
~ 各SNS毎の違いを解説!~

  • twitter
  • facebook
  • hatena
  • note

SNS「#ハッシュタグ / #hashtag」の世界!

先日、某テレビ番組で「#ハッシュタグの世界」という番組が放送されていて、興味津々で見入ってしました。日本では、多くの若者たちが「#ハッシュタグ」で、リアルな情報を探すという興味深い内容でした。企業でSNSのビジネスアカウントを運用している担当者の方など、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

SNSでよく使われている「#ハッシュタグ / #hashtag」」。SNS上の投稿で使われているハッシュタグをうまく活用すれば、有力なインサイトが発見できたり、フォロワー数の増加、アカウントへの流入数の向上も期待することができます。また、独自のハッシュタグを生成し、新規キャンペーンに活用して、ユーザーの心に運よく刺されば、思わぬ大反響に繋がる!そんな無限の可能性も秘めています。

では、海外ではどのように「#ハッシュタグ」を活用しているのでしょうか?

今回は海外向けSNSアカウント運用者の皆様のために、あなたのブランドを認知させ、訴求させるために適切なハッシュタグの検索・活用方法をご紹介します。

 

「#ハッシュタグ / #hashtag」とは?

2007年8月、関連するツイートをグループ化することを目的として、ChrisMessina氏によって「#」が誕生しました。

ハッシュタグは、ソーシャルメディア上のコンテンツを、特定のトピックたイベント、テーマ、または会話に結び付ける方法として活用されています。ハッシュタグはソーシャルメディア上に存在するコンテンツを同じハッシュタグで集約することが出来るため、これらの特定のトピックに関する投稿を簡単に見つけることができるのです。「#ハッシュタグ」がTwitterやInstagrmaだけのものではなく、FacebookやPinterest 、LinkedIn、Google+など多くのソーシャルメディアプラットフォームが検索可能なリンク機能などを実装しています。

活用方法としては、ブランド独自のハッシュタグを使用して、ユーザーにコンテンツを共有したり、トレンドハッシュタグを活用して、話題のコンテンツを作成することなど、様々な活用方法があります。ハッシュタグの活用を戦略として取り入れることは、高度なものではありません。運用しているソーシャルメディア内でトレンドハッシュタグを見つけ、適切なハッシュタグを見つけましょう。

 

主要SNSの適切なハッシュタグ数は?

SNS「#ハッシュタグ / #hashtag」の世界!

使用するハッシュタグの数は運用するプラットフォームによって異なります。一部のプラットフォームにはハッシュタグが適切に作用しません。

Facebook-logo Facebook

なんといっても世界で断トツにユーザーが多いFacebook。月間アクティブユーザー数は27.4億人で、毎日17億8500万人のユーザーがFacebookプラットフォームにアクセスしています。この数字は世界のソーシャルネットワーキング人口の59%に値します。Facebookで最も多く使われている言語が英語、スペイン語、ポルトガル語、インドネシア語、フランス語です。

Facebookで使用する適切なハッシュタグの数

1~2個

Facebookの検索バーを使用して、ハッシュタグ検索を行いましょう。ハッシュタグをクリックすると、同じハッシュタグを使用したFacebook投稿のフィードが表示されます。投稿するコンテンツに本当に関連する1~2個のハッシュタグを選択しましょう。

 

twitter logo Twitter

Twitterの月間アクティブユーザー数は3億3000万人です(2019年第1四半期)。Twitterユーザーの6870万人(19.4%)は、米国ユーザーであり、2番目は日本、3番目はインドです。また、2020年第4四半期には、ドイツユーザーが30%増加しました。

Twitterで使用する適切なハッシュタグの数

1~2個

Twitter内のトレンドトピックでトレンドハッシュタグが確認できます。技術的には何個でもハッシュタグを挿入することができますが、3個以上のハッシュタグを使うと、エンゲージメントが低下する可能性があるため、最大で1~2個を使用しましょう。また、ハッシュタグは、リツイートのコメント・返信・プロフィールにも挿入することができます。

 

LInkedIn logo LinkedIn

ビジネスパーソンに特化したソーシャルメディアLinkedIn。日本では馴染みが薄いですが、全世界のユーザー数は7億4000万人以上に達し、世界200カ国以上、24言語にわたり使用されています。ユーザー属性も他のプラットフォームとは違い、「若手起業家」や「経営者」などの利用が多く、LinkedInユーザーのうち、6300万人以上が、意思決定などの決定権があるポジションについています。

LinkedInで使用する適切なハッシュタグの数

2~3個

LinkedInに投稿する記事の中にハッシュタグを含めます。検索バーを使用して適切なハッシュタグを検索しましょう。1つ注意点として、記事を公開した後は、ハッシュタグを編集・削除することは出来ません。LinkedInで使用するハッシュタグが多すぎると、アルゴリズムにスパムとしてみなされる可能性があるので、注意が必要です。

 

instagram-logo Instagram

月間アクティブユーザーが10億人、1日のアクティブユーザー数が5億人に達するインスタグラム。ブランドコンテンツに関するエンゲージメント率が1.6%に達し、世界中の多くのビジネスがインスタグラムを活用しています。36言語対応可能であり、右から左に読む言語、アラブ語、ペルシャ語、ヘブライ語も対応可能になっています。

LinkedInで使用する適切なハッシュタグの数

5~10個

インスタグラムの検索タブでハッシュタグ検索をしましょう。ストーリーには最大10個のハッシュタグを含めることができます。通常の投稿には最大30個のハッシュタグを含めることができます。また、ブランドプロフィールにもハッシュタグを含めることが可能です。

インスタグラムではトレンドハッシュタグのリストを公開していません。検索タグで検索するとハッシュタグが投稿されている数がわかります。関連ハッシュタグも活用しましょう。

 

youtube YouTube

月間アクティブユーザー数20億人以上を誇り、世界で2番目に訪問されたサイトであり、米国成人の74%以上が使用するYouTube。B2B企業の意思決定者の50.9%がYouTubeを使用して製品を検索して調査を行っています。(Facebookが48.5%、LinkedInは33%)

YouTubeで使用する適切なハッシュタグの数

2~3個

動画タイトルまたは、動画説明にいくつかのハッシュタグを追加しましょう。15個を超えるハッシュタグを使用すると、スパム認定される場合があるので、注意してください。

 

あなたのブランドに適切な「#ハッシュタグ 」の探し方

SNS「#ハッシュタグ / #hashtag」の世界!

ハッシュタグは正しく活用することによって、リーチを拡大し、エンゲージメントを高め、フォロワーを増やすことができます。ハッシュタグを効果的に活用するためには、どのハッシュタグを、いつ使用するかについて戦略的に考える必要があります。適切なハッシュタグの検索・活用方法を紹介します!

競合を徹底検証

どのマーケティング施策でも欠かせないのが『競合調査』。ランダムにハッシュタグをつけても、ユーザー数は増えません。自社のブランド、商品・サービスと似たものを提供する企業のアカウントの投稿状況を観察して評価してみましょう。特にパフォーマンスの高い投稿に絞って、自社に適応できる可能性のあるハッシュタグをピックアップしてみましょう。また、どのような写真を用いているか、投稿タイミングや頻度なども調べましょう。

検索欄を使ってみる

ツールを使わなくてもインスタグラムの独自の機能、「発見(explore)」タブを使って、適切なハッシュタグを検索することが可能です。そのハッシュタグを使った投稿なども確認できるので、アイデア出しとしてもとても参考になれます。

「②発見」を選択すると下記のように、おすすめの動画、投稿などが普段からフォローしているアカウントに似た投稿がたくさん表示されます。

ビジネスアカウント運用者必見!SNSアカウントで使うハッシュタグ hashtagの正しい検索・活用方法とは?2

検索欄でキーワードを入力すると、人気のあるハッシュタグやアカウントなどが上位表示されます。

 関連性の高いハッシュタグを使う

また、検索欄で出てきたハッシュタグを選択すると、関連性が高く、且つ人気のある投稿が出ます。こちらもツールを別途使う必要がなく、ほとんどのソーシャルメディアの既存の機能で完結できるのでとても便利です。
下記では、「京都」をキーワードで検索結果として表示されています。

インフルエンサーが使っているハッシュタグを使用する

同じ業界で活躍しているインフルエンサーは旬なハッシュタグを駆使しています。そのインサイトを分析することで学べることが多いのではないのでしょうか?Hashtagify.meはTwitterやインスタグラム上で最も影響力のあるインフルエンサーが、ある特定のキーワードでどのハッシュタグを使っているのかを抽出することができます。

例えば、”health – 健康”のキーワードで調べたところ、どのインフルエンサーがどのハッシュタグを使っているのか一目でわかります。

ビジネスアカウント運用者必見!SNSアカウントで使うハッシュタグ hashtagの正しい検索・活用方法とは?2
Hashtagify.me

トレンド・流行を知る 

ソーシャルメディア内の検索タブでハッシュタグを検索する方法も1つですが、各ソーシャルメディアで流行っているハッシュタグを見つけるためにはツールを活用する方法も1つです。

RiteTag.comは1時間あたりにそのハッシュタグが使用されたツイート数、リツイート数、そのハッシュタグを閲覧した人の数を提供してくれます。

RiteTag.com

使えそうなハッシュタグ&使用したハッシュタグは残す

いつもつも使っているハッシュタグや、インサイトなどを分析している場合は、どのハッシュタグが一番流入数が高かったのかを記録しましょう。メモをし続けることでどの投稿にどのハッシュタグを使えばいいのかも一目でわかります。。

 ハッシュタグをあえて隠す

投稿のキャプション(説明文)には伝えたいメッセージのみを残して、ハッシュタグはあえてコメントとして残したり、改行を多く加え文章とハッシュタグの間に改行を加えることにより、視覚的に美しいキャプションが完成します。

独自のブランドハッシュタグを作る

ブランドを用いたハッシュタグの例としては、会社名、スローガン、商品名などが使えます。新規のキャンペーン施策用に使ってみたり、自分のブランド名がどれぐらい知られているのかをハッシュタグを通して計測できることが可能です。

KITKATは、Twitter上で、商品を宣伝する方法として、「#KITKAT」を使用しています。

絵文字ハッシュタグに挑戦

スペースや%,$などの記号はハッシュタグで機能しないですが、絵文字は機能します。絵文字を用いたハッシュタグは目新しさと斬新さが売りであるのと、ハッシュタグをできるだけ短くすることができます。

使用禁止のハッシュタグを把握する

各ソーシャルメディアには使用を禁止するハッシュタグが存在します。通常は不適切なハッシュタグを禁止していますが、毎年変更されるので必ず把握しておきましょう。アルゴリズムによりスパム認定されてしまい、アカウント停止などにも繋がります。無害だと思われるハッシュタグも一時的に禁止されるなどの措置もあるので、必ず注意しておきましょう。2019年は一時的に「#happythanksgiving」が禁止されました。

また、現在も「#beautyblogger 」は禁止されていますが、「#beautybloggers」は使用可能です。

Instagramハッシュタグを使用する時の注意
<インスタグラム内ハッシュタグ検索>

2021年インスタグラムの禁止されているハッシュタグリストを確認しましょう

まとめ

ハッシュタグをうまく活用すれば、SNSマーケティング施策に大きく貢献することができます。 SNS投稿用のコンテンツを企画・制作をするときは、関連する「#ハッシュタグ」を含めることを忘れずに!

グローバルSNS広告バナー

宇佐美 海太

宇佐美 海太 マーケティング部マネージャー

弊社の「デジタル x アナログマーケティング、コーポレートブランディング」を統括しています。東京生まれ、南欧育ち。ヨーロッパの生活で人生が劇的に変わりました。自分を育ててくれた"日本と世界"への感謝を胸に、「日本と世界をつなげること」が生涯のテーマです。趣味はプロレス鑑賞・料理です。