GLOBAL MARKETING BLOG

ピックアップ 新着理論的に学ぶ
2021年10月01日

SNS担当者必見!
SNSマーケティングについて知っておくべき5つのこと

  • twitter
  • facebook
  • hatena
  • note

you should know about 5 thnings of social media - KV

「SNSの運用、上手くいっていますか?」

世界中でのネットインフラの整備や低コスト化が進むに伴い、人々のインターネットに接する時間が飛躍的に増加するしています。その中でも大きな割合を占めるのが、SNS・ソーシャルメディアです。現在、世界中で毎月41億人以上がソーシャルメディアを活用し、「ユーザーの目覚めている生活時間の15%をソーシャルメディアプラットフォームで時間を過ごしている」なんて驚くべきデータも出ています。(Global Web Indexより)

このような時代の流れのなか、世界中の多くの企業は「SNS公式アカウント」を開設し、SNSマーケティングに乗り出しています。しかしながら、SNSマーケティングを熟知しないまま、ただプロジェクトを計画しSNSの運用を開始している担当者様も(実は)多いのではないでしょうか?

当たり前のことですが、世界中でこれだけ普及しているSNSは今は既に「レッドオーシャン」。進むべき方向を間違えたり、戦略を持って運用しないと、目標達成にもの凄く時間がかかってしまったり、そもそも目標達成が困難になってしまう可能性が高まります。

今回は、これからグローバル市場に向けてSNSマーケティングを検討中の企業担当者、また「もう既にSNSマーケティングを始めてるけど…効果がイマイチ」というマーケターに向けて、SNSマーケティングを実施するうえで知っておくべき5つの真実をご紹介します。

(1)目標達成は想像以上に時間がかかるものです

you should know about 5 thnings of social media -07

「工夫を凝らしたツイート」
「話題のハッシュタグ」
「人々の心に訴えかけるコンテンツ」

ソーシャルメディア運用において、「1か月で数千人のフォロワーを獲得する!」ということは難しいと認識しておいた方がよいでしょう。早い段階でソーシャルメディアに参入した一握りの企業はすぐに沢山のフォロワーを獲得したかもしれません。しかし、先ほども述べたように多くの企業が参入する現在では競合が激しく、企業のSNSコンテンツに対するユーザーの目もますます厳しくなっていきます。

そのため「少量のキラーコンテンツを投稿し、数か月で結果を出す」といったことはほとんどあり得ないと思っておいた方が良いでしょう。実際、SNSマーケティングの効果を実感するまでは継続的な努力と試行錯誤の連続が必要です。そして、SNS・ソーシャルメディア運用の成功を決めるのは良質のコミュニティー作りの成否にかかっています。そして、一夜でコミュニティーを築くことは至難の業と言えるでしょう。

checkmark 対策:辛抱強く、一貫性を保ちながらSNS運用を続けましょう

SNSマーケティングを成功させるためには長期的な投資が必要です。SNSの戦略案を作り、定期的に見直すことを心掛けましょう。一番大事なことは諦めずにやり遂げことです! 新しいキャンペンーンがあるときだけ投稿し、それ以外はアカウントを放置するなんてことは厳禁です。一貫性を保ちながら継続的に投稿することで、あなたの努力が実を結ぶまで待ってみましょう。

 

(2)SNS・ソーシャルメディアは売上には簡単に繋がりません

「ソーシャルメディアにコンテンツを投稿し、数十人のユーザーと円滑に交流することでユーザーを惹きつけておけば、後はコンバージョンが生まれて売上が上がるはず!」

なんて、残念なが現実はそう甘くありません。魔法のように、売り上げに簡単につながるような仕組みはソーシャルメディアマーケティングだけではなく、どんなマーケティング施策、どんなチャンネルにも存在しません。それでも、そのような楽天的なことを期待してしまう人や、心のどこかでそう願っているSNS担当者も少なからずいるのではないでしょうか?(ドキッ…)

SNS・ソーシャルメディアはユーザーとのコミュニケーション、信頼関係構築などさまざまなのことを実現することができます。最終的に売上に繋がる問い合わせ・リードを獲得することさえ可能です。ただ、SNSマーケティングにおける「ROI」を図ることは単純ではありません。なぜなら、他の施策から切り離してみるとソーシャルメディア単体では大量の利益をもたらす施策ではないからです。

checkmark 対策:「SNS・ソーシャルメディアのゴール」と「ビジネスの目標」を合わせる

単にFacebookのファンの数・投稿についた「いいね!」の数や、TwitterやInstagramの「フォロワー数」だけを測定していませんか?

「ソーシャルメディアを活用して顧客満足度を上げるためには?」という質問は「ソーシャルメディアからいくら売上を稼げるか?」よりずっとシンプルで合理的です。ソーシャルメディアを企業の課題解決と目標を実現するための戦略の一つとして捉えることで、初めてSNS・ソーシャルメディアマーケティングの効果を検証することが可能になります。文字だけではピンと来ないかもしれませんが、SNSやソーシャルメディアがサポートできるビジネス目標をいくつか挙げてみました。

  • ウェブサイトの流入を増やす
  • リードを獲得する
  • 顧客満足度を改善する
  • 商品調査や開発のための情報収集
  • 競合調査
  • ブランド認知を高める

など、各目標に対する適切な指標を一定期間のあいだ観察してしましょう。もし、ビジネスの目標に合わせてソーシャルメディアのゴールを設定できたのであれば、その効果を計測する指標も併せて確認しなければいけません。

  • 「投稿のシェア数」「投稿リンクのクリック数」以外にも、「サイトに流入した後のユーザーの離脱率」を確認していますか?
  • 「SNSから流入したユーザーの離脱率」と「他のソースから流入したユーザーの離脱率」を比較していますか?

ソーシャルメディアからの流入ユーザーの離脱率の方が低いのであれば、オーディエンスのターゲティングが正しく設定されており、ソーシャルメディアがあなたのビジネスに大いに貢献できていると判断してよいでしょう。

 

(3)全てのユーザーがあなたのビジネスに興味がある訳ではありません

you should know about 5 thnings of social media -06

当たり前のことですが、世界中のソーシャルメディアユーザー全ての人の心を掴むことは極めて難しいです。しかし、プラットフォーム上に存在する膨大なユーザー数が「期待を膨らませ、自分のビジネスが得るべきエンゲージメント数を過大評価してしまう」ということは、しばしばあるのも事実です。この厳しい現状をまず受け止めなければなりません。全てのユーザーがあなたのFacebook投稿に興味を持ってくれるわけでありません。

checkmark 対策:ターゲットユーザーを洗い出し、そこに一点集中しましょう。

プラットフォーム上に存在するユーザーに対しての発信ではなく、実際にあなたのビジネスにとって重要な人、つまり顧客、見込み客、ブランドのファンに焦点を当てましょう。あなたの投稿に反応してくれるユーザーを分析し、彼らとの関係を強めるような施策や彼らがすでに興味を示したコンテンツを増やすことに注力します。まずは「ターゲットとなるユーザーが、SNS上でどんな行動を取っているか」に徹底的にフォーカスしてみましょう。

checkmark 対策:より良いコンテンツを提供しましょう。

コンテンツはものを言います。

ユーザーがあなたのビジネスアカウントをフォローするということは、貴重な「SNS個人フィード」への入場券を渡すようなものなのです。想像してみてください。あなたの投稿が彼らの親友の写真や彼らの憧れの人の発言のなかに混ざってフィードに表示されるときの様子を。

  • あなたの投稿は、他の投稿と同じくユーザーにとって価値があり、魅力的で、面白いでしょうか?
  • ぼんやりとしたビジネスの売り込みになっていませんか?

コンテンツのクオリティーをチェックする簡単な方法は「もし私は一般のユーザーなら、このアカウントをフォローしたいと思いますか」という質問を常に、毎回自分に問いかけることです。(私のコンテンツも届いているかな。)

 

(4)無料で最大限の効果を得ることが難しくなっています

you should know about 5 thnings of social media - 03

SNSは、かつて広告の力を借りなくても効果がでる時代がありました。しかし、数え切れないほど数多くのコンテンツが投稿されている現在では「オーガニックリーチ数」は著しく低下しています。Facebookをはじめ、多くのSNSでは、すべての投稿を単にフィードに表示するのではなく、ユーザーそれぞれに見せるコンテンツを「選別して」表示させます。したがって、あなたの投稿をできるだけ多くのユーザーに届ける一番効果的なやり方は、プロモーションキャンペーンやSNS広告に投資することかもしれません。

checkmark 対策:SNS広告を試してみましょう

お金を出して投稿を拡散することやSNSで広告を打つことは、お金持ちの大きなブランドしかできないというイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、戦略を持ちターゲティングやキャンペーン設定をしていれば、少額でも驚くべき効果を得られるケースも少なくありません。余裕があればぜひ少額でもいいので試してみてください。

(5)SNSマーケティングは想像以上に重い仕事かもしれません

you should know about 5 thnings of social media - 01 (1)

1つのビジネスをSNSを活用しただけで成功させることは思った以上に、多くの努力と時間を要するだけではなく、多くのスキルも必要になります。

コピーライティング、編集、短期から長期の戦略立案、適切なデータ分析…

必要なスキルすべてを持ち合わせた担当者が、いれば問題解決!と言いたいところですが、実際のところほとんどの企業は社内でソーシャルメディアチームを立ち上げることが難しく、クリエイティブ制作と戦略立案をできる適任者を1人アサインするだけでも一苦労。さらに、もしもそれがグローバルビジネスのアカウント運用となると、適任者がもっと限られるのではないでしょうか?

checkmark 対策:適切な人材に投資する

あなたのビジネスにとって一番重要なソーシャルメディアスキルは何かを明確にしましょう。その上で、適任者を探す際や、パートナー会社に仕事を依頼する際に御社で最も必要とされているスキルをわかりやすく、正確に伝えましょう。

海外SNSマーケターが押さえるべき
『ソーシャルマーケティングスキル』

checkmark 対策:情報収集を通して学びましょう

SNSスペシャリストを外部から雇うか?
あるいは自分がスキルアップするか?

どちらを選ぶにせよ、SNS・ソーシャルメディアに関する知識を身に付ける必要があります。ソーシャルメディアに関する有名な著書はもちろん、インフォキュービック・ジャパンのブログはソーシャルメディアに関する情報やノウハウを毎月発信していますので、ぜひお手すきの際にチェックしてみてください。

 

おわりに

SNS・ソーシャルメディアは、現代のマーケティングでは必要不可欠なツールです。ビジネスモデルによって異なるSNSの特性を理解し、効果的に活用することでビジネスを大きく発展させるきっかけを作ることができます。「目標設定、戦略、そして最適なコンテンツ」を踏まえてSNSをマーケティングにフル活用しましょう。

そして、実は日本よりも海外市場の方がSNSマーケティングは大きな効力を発揮しうる可能性を秘めています。もしSNSを活用した効果的なグローバルマーケティングをご検討でしたら、ぜひ私達にお申し付けください!

グローバルSNS広告バナー

 

吉田 真帆

吉田 真帆 マーケティング部 プランナー

弊社の「コンテンツマーケティング(企画・記事執筆)、メールマーケティング」を担当しています。オーストラリアの永住権取得後、思いもよらず日本に帰国。「愛のあるコンテンツ作成」がモットーの一児の母です。趣味はランニング・ヨガ・料理・読書。