「多言語動画マーケティングを成功させるための秘訣」

FacebookやInstagramなどSNSが海外マーケットで盛り上がるとともに、デジタルコンテンツとして重要性が日に日に高まっている「ウェブ動画」。こちらの資料では、インフォキュービック・ジャパンが考える海外に向けた「多言語動画マーケティング」の基本的な考え方をご紹介いたします。

資料名:「魂込めて世界を揺らせ 多言語動画マーケティング」

■ 目次

1.いま、多言語動画マーケティングが必要な理由
2.乗り越えなければならない2つの壁
3.成功事例
4.インフォキュービック・ジャパンが考える3つの重要なポイント

■ 資料のみどころ

「多言語動画マーケティング」、「(1)多言語」「(2)動画」「(3)マーケティング」の3つの要素に分解して考えることが重要です。
まず、(1)では「いかにして異なる外国人の感性や言語を越えてターゲットユーザーにメッセージを届けるか」。次に(2)においてはウェブ上でのコンテンツマーケティングを実施するにあたりウェブサイトやテキスト情報とことなる「動画」という特性を、いかに有効に活用してコミュニケーションを最適にするか。そして最後の(3)では、作成した多言語動画を他のマーケティング・チャネル(SNS・ウェブサイト・デジタル広告)といかに組み合わせるかをカスタマージャーニー(購買プロセス)の観点から解説します。
  インバウンド対策など「動画を使ったマーケティング」をご検討中の方はぜひ本資料をご活用ください。

本資料ダウンロードはこちら