Interview04

念願だったIT業界に飛び込み奮闘する日々。
今後も中国案件担当者として貢献していきたい。
デジタルマーケティングチーム アカウントマネージャー Chiang

台湾の日系企業でエンジニアとして働きながら、日本語と日本について自発的に学んでいました。

私は台湾出身で、日本に来る前は台湾で日系企業のエンジニアとして働いていました。具体的な内容は、建築現場における安全管理や、家電製品の工場で設備の補修・メンテナンスなどです。その間、日本語と日本について自発的に勉強していました。また2歳上の姉が先に日本に来て働いており、日本で働くことを勧められたことも理由の1つでした。

写真

インフォキュービックならば“必ず私も貢献できる”と思いました。

日本に来た当初は、通信販売関連の会社で働いていました。私の大学での専攻は環境工程と労働安全管理で、ITは得意な分野というわけではなかったのですが、とても興味を持っていました。やがて「日本では今IT関連の知識のある人が多く求められている」ということも知り、「私もその分野の知識を得たい、IT関連の企業に転職したい」と考えるようになりました。そしてインフォキュービックというITの中でもウェブマーケティングを強みとするグローバル企業の存在を知り、「必ず私にも貢献できることがある!」と思い、入社を決めました。

いつもメンバー同士が助け合える環境がある。けれど、中途半端な気持ちでは通用しない!

現在は、デジタルマーケティングチームで百度(Baidu)やGoogle Adwords、Yahoo!などのリスティング広告をメインに担当しています。チームのメンバーは、仕事面ではもちろん厳しいですが、みんな親切で助け合える雰囲気。未経験でも“やる気”があれば最初から勉強してやっていけます。ただ同時に、中途半端な気持ちでは通用しないということも分かりました。

働く目的は、困難を乗り越え、達成感を得ること。これからも新しい知識を吸収していきたい。

私にとって働く目的は、生活の安定はもちろんですが、困難を乗り越えること、そしてあきらめずに頑張って認められたときの達成感を得ることです。ウェブマーケティングの仕事は、大学で専攻してきたことや前職とは違いますから、新しい知識が必要になり覚えることがたくさんあります。そのため今は知識を吸収している毎日です。これからもウェブマーケティングの知識を深め、IT関連の仕事を続けていきたいと思っています。

日課は英語とリスティング広告の勉強。今後もBaiduの担当者として貢献したい!

私は日本語の日常会話は問題ないのですが、チームのメンバーはほとんどが日常的に英語を話しますので、ビジネス英語をもっと勉強したいと考えています。英語とリスティング広告の勉強は、仕事が終わった後の日課になっています。今は覚えることが多くて必死ですが、インフォキュービックは昨年、中国・Baiduの最優秀代理店になりましたので、今後も担当者として貢献していきたいと思います。

写真

2016年2月入社Chiang

デジタルマーケティングチーム

Page Top