2020年最新版!
「世界主要20か国の検索エンジン・SNSチャネル、占有率ランキング」

海外で使用されるデジタルメディア(検索エンジン・SNS)は日本と大きく異なります。「Google・Baidu・Yahoo・Facebook・Instagram・LinkedIn・WeChat」など多岐にわたります。ターゲットとする市場で「どの検索エンジンやSNS(ソーシャルメディア)チャネルが使われているか」を把握することは、海外デジタルマーケティングを成功させる大切な第一歩。日本と海外20か国・地域の検索エンジンおよびSNS(ソーシャルメディア)チャネルの2020年最新シェアランキングをホワイトペーパーにまとめました。

資料名:
2020年最新版!デジタルメディア(検索エンジン・SNS/ソーシャルメディア)
アクティブユーザー占有率ランキング

■ 目次

1. 海外で主要な検索エンジン&SNS(ソーシャルメディア)
2. 世界主要20か国・地域の検索エンジンランキング
3. 世界主要20か国・地域のソーシャルメディアランキング

■ 資料のみどころ

世界で圧倒的なシェアを誇る検索エンジンGoogle。世界中のユーザーに高い人気のFacebook・Instagram。

しかし世界を見渡してみると、その国独自にローカライズをしてシェアを伸ばしている検索エンジンやSNS(ソーシャルメディア)も存在しています。

「中国や韓国で人気のSNS/ソーシャルメディアは?」
「アメリカでのGoogleのシェアは何パーセント?」
「ヨーロッパにおける第二位の検索エンジンは?」
「ASEAN地域でSNSマーケティングするなら、どのチャネルが有効?」
「日本と海外のデジタルチャネル人気はどう違うの?」

本資料では、世界の主要20か国・地域における検索エンジンとSNS/ソーシャルメディアのシェアをランキング形式でまとめています。

日本のデジタルメディア状況と海外の最新状況を俯瞰したうえで、皆様が狙う海外のターゲットとする国や地域でよく使われているデジタルメディアを把握することで、的確な海外デジタルマーケティングを実施することができます。

海外デジタル戦略をご検討される際に、ぜひ本資料をご活用ください!

本資料ダウンロードはこちら
海外向けデジタルマーケティング、お悩み解決!
03-6380-2807