Google 日本語検索のアルゴリズム変更 | 海外マーケティングブログ | 海外実績500社のインフォキュービック・ジャパン

INFO CUBIC BLOG

マーケットを知る
2017年02月07日

Google 日本語検索のアルゴリズム変更

  • SHARE
  • facebook
  • twitter

Google日本法人は2月3日、日本語検索のアルゴリズムを変更した発表。日本語検索結果に影響を与えるWebサイト評価方法を改善したと公式ブログで発表。

「検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイト」の検索順位を下げるとのことで、内容の薄い記事を大量に掲載するキュレーションメディアについては、検索ヒットしにくくなり、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが上位表示されるようになる。

これより「情報が薄いキュレーションメディアとテキストを中心とした新興メディア」は影響を受けるという。SEOの専門家から見ても、今回のアルゴリズムの変更により影響を受けたとみられるサイトは以下の通り

まだ影響は出きっていない可能性も高く、対象サイトが更に広がる可能性は高いという。昨年度末、「誤った情報や他サイトからの無断転載が多い」との理由で閉鎖に追い込まれたキュレーションメディア以外にも同様なメディアは多数運営されており、検索上位に出続ける状態だったが、今回のアルゴリズム変更で、Google側は一気に網をかけるよう構えのようです。

尚、Googleが日本発で検索アルゴリズムに関する発表することは非常にレアで、本腰で取り組もうとしている現れとも思われます。

❖参考

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html

 

インフォキュービック・ジャパンのサービスに関する問い合わせはこちら

執筆者プロフィール


ICJ

インフォキュービック・ジャパン  広報担当

インフォキュービック・ジャパン広報担当です! 「社員情報、社内イベント、オフィス風景」など読者のみなさまに、もっと当社のことを知って頂けるようなコンテンツ・記事を投稿して参ります! 趣味はプロレス鑑賞です。