GW観光地の混雑を「観光予報プラットフォーム」で予測 | 海外マーケティングブログ | 海外実績500社のインフォキュービック・ジャパン

INFO CUBIC BLOG

マーケットを知る
2017年05月01日

GW観光地の混雑を「観光予報プラットフォーム」で予測

  • SHARE
  • facebook
  • twitter

先週末から突入したGW。
弊社も海外のスタッフが多いですが、休暇を取得しているのはちらほら程度。

そのGWに関して、日本観光振興協会が発表した2017年ゴールデンウィーク(5月1日~5日)の
宿泊予想を示す「観光予報」によると、
国内で混雑が見込まれる地域は、小樽、名古屋、大阪、福岡、宮崎。
やや空いていると思われるのは、仙台、東京、箱根、広島、那覇。
※但し、GW期間は直前に予約が増加する傾向にあるため、混雑に至る可能性もあるため
注意が必要とのこと。

2017年5月GWの観光予報(2017年4月14日)

※参考資料:日本観光振興協会

外国人宿泊者の都市のおける比率をみると、大阪市が30.8%を占める見通しに。
そのほか、京都市や那覇市、福岡市では約2割、箱根町は15.5%などと予想されている。
各地の宿泊予想数は以下のとおり。

※参考資料:日本観光振興協会

この「観光予報」は、宿泊実績データや6ヵ月先までの予約情報、中央省庁や自治体、
観光関連組織・団体、民間企業が公開・保有するデータなどをもとに運用中の
マーケティングツール「観光予報プラットフォーム」を用いたもの。地域事業者や
施策を計画する担当者向けに多言語で運用中。訪日外国人と日本人の宿泊動向の
違いや、国籍別の訪日外国人の行動傾向なども分析可能となっている。

まだ予定が固まっていない方はこちらを参考にご予定を立てられてみてはいかがでしょう?

❖参考

http://www.nihon-kankou.or.jp/home/topics/newsuppdf/20170427145239.pdf

インフォキュービック・ジャパンのサービスに関する問い合わせはこちら

執筆者プロフィール


ICJ

インフォキュービック・ジャパン  広報担当

インフォキュービック・ジャパン広報担当です! 「社員情報、社内イベント、オフィス風景」など読者のみなさまに、もっと当社のことを知って頂けるようなコンテンツ・記事を投稿して参ります! 趣味はプロレス鑑賞です。